CSVからのリモート荷重のインポート

外部のカンマ区切り値(CSV)ファイルに記述されたリモート力またはリモートモーメントを使用して荷重ケースを適用 / 作成します。

荷重は、リモート点から最も近いパートフェイスまたは空間座標を定義することによる特定のフェイスにマッピングされます。荷重位置はグローバル座標系で指定されますが、荷重はグローバル座標系でもローカル座標系でも指定可能です。同時に適用できる荷重ケースは1つのみですが、各.csvファイルには複数の荷重ケースを指定できます。

  1. Project TreeAnalysis Workbenchを開きます。
  2. 解析のタイプに応じて、以下を選択します:
    • 構造解析の場合、 > Imported remote loadの順に選択します。
    • 複数荷重ケース解析の場合、 (Load cases) > Imported remote loadの順に選択します。
  3. ダイアログでImport from CSVボタンをクリックします。
  4. ファイルエクスプローラで目的のCSVファイルを参照します。
  5. Openをクリックします。
  6. .csvファイル内に複数の荷重ケースが存在する場合は、ダイアログのドロップダウンメニューで、適用する荷重ケースを選択します。
    注: 複数荷重ケースの場合は、.csvファイルで複数の荷重ケースが指定されていると、インポート時に複数の荷重ケースが自動的に作成されます。
  7. オプション: 必要に応じて荷重を編集します。
    1. ダイアログの行を選択し、必要な値(リモート荷重の位置、荷重値、座標系)を編集します。
    2. 荷重適用フェイスを編集するには、ダイアログで行を選択し、 Edit loadをクリックします。
      ヒント: または、編集する行をダブルクリックします。どちらの方法でもリモート荷重のダイアログが表示されます。
    3. リモート荷重ダイアログで、荷重適用フェイスを編集します。
    4. オプション: 複数荷重ケースに限り、Apply to all loadcasesをチェックすると、荷重適用フェイスに加えられた変更が、リモート荷重位置の座標が一致する限り、すべての荷重ケースに適用されます。
      注: このオプションは、リモート荷重のインポート時にのみ使用できます。
    5. OKをクリックします。
  8. Imported remote loadsで、座標、力、およびモーメントの単位を指定します。
  9. 警告メッセージを確認し、必要に応じて修正してください。以下の場合、警告メッセージが表示されます。
    1. マッピングの失敗 - サブケース内で同じフェイスに複数の荷重がかかる場合。
    2. サブケースに複数の座標系が割り当てられている場合。
    3. csvで指定された座標系がプロジェクトに存在しない場合。
  10. オプション: インポートしたリモート荷重から行を削除します。
    1. ダイアログで削除する行を1つ以上選択し行の削除オプションからDelete selectedをクリックします。
    2. インポートされた中に無効なリモート荷重がある場合、それらは赤くハイライトされます。これらの無効な荷重は、行の削除オプションからDelete invalidを選択することで、一度に削除することができます(複数ある場合)。
    3. OKをクリックします。
  11. OKをクリックします。

インポートするリモート荷重のCSVファイルフォーマット

インポートするリモート荷重のCSVファイルフォーマット。

CSVファイルフォーマットのフィールド

CSVファイルは、1つのヘッダー行と1つ以上のデータ行で構成されています。データ値は次のとおりです。
  • X、Y、およびZ – 数値。リモート荷重の空間的位置。
  • Fx、Fy、およびFz - 数値。力のX、Y、Zの各方向成分の値。
  • Mx、My、およびMz - 数値。モーメントのX、Y、Zの各方向成分の値。
  • Load case -(オプション)文字列値。複数の荷重ケースが存在する場合にのみ必要。
  • X1、Y1、および Z1 – (オプション)数値。マッピングする1つ目のフェイス上の1つの点の空間的位置。特定のフェイスにマッピングする場合にのみ必要。
  • T1 – (オプション)Yes/No。どのエントリも‘No’として扱われません。X1、Y1、Z1を使用してマッピングされたフェイスに接するフェイスを追加するための接触オプションを有効にします。
  • Xn、Yn、および Zn – (オプション)数値。マッピングするn番目の特定のフェイス上の点の空間的位置。特定のフェイスにマッピングする場合にのみ必要。
  • Tn – (オプション)Yes/No。どのエントリも‘No’として扱われません。Xn、Yn、Znを使用してマッピングされたフェイスに接するフェイスを追加するための接触オプションを有効にします。
    注: SimSolidでは、 リモート荷重のマッピングは10の特定のフェイスにマッピングできます。nは、特定のフェースの数に応じて1から10までの数値が入ります。
  • 座標系 - (オプション)。座標系名。荷重に使用する座標系の名前。列フィールドが空の場合、または列がない場合には、荷重にはグローバル座標系が使用されます。
    注: 空間位置座標はグローバル座標系のままです。

CSVファイルの例

X,Y,Z,Fx,Fy,Fz,Mx,My,Mz, X1,Y1,Z1,T1,X2,Y2,Z2,T2,,,,,Xn,Yn,Zn,Tn ,Load case,Coordinate System 50,50,50,100,0,0,0,0,0,10,20,20,Yes,70,70,70,No,,,,,20,20,30,Yes,load_1,LCA1
50,10,50,0,100,0,0,0,0,,,,,,,,,load_2,LCA2