リモート荷重

単一のポイントに適用する荷重と統計的に等価な分散荷重(トラクション)を、フェイス、一般仮想コネクター、またはスポットに適用します。

動解析では、各荷重方向で時間 / 周波数関数カーブを参照する必要があります。
  1. Project TreeAnalysis Workbenchを開きます。
  2. ワークベンチツールバーで(Remote loads)アイコンをクリックします。
  3. どのタイプのエンティティに荷重を適用するかを指定します。
    • スポットに適用する場合は、Create new spotをクリックすることで新しいスポットを作成できます。
    • フェイスの場合、modeling windowで、モデル上の目的のフェイスを選択します。
      注: Units欄とRemote point coordinates欄がアクティブになり、自動的に値が入力されます。
    • 一般仮想コネクターについては、 Project Treeから必要なコネクターを選択します。
      注: 選択すると、1つの荷重につき1つの一般仮想コネクターが使用できます。
  4. オプション: 必要に応じて、Set at COGチェックボックスをオフにして、リモートポイントのX、Y、Zの各座標を編集します。
  5. 荷重 / 変位の適用先とする座標系を指定します。
    デフォルトでは、ジオメトリをインポートすると自動的に作成されるグローバル座標系に設定されています。
  6. 荷重を定義します。
    1. ForceMomentタブ(またはそのいずれか)をクリックします。
    2. 力とモーメントの単位を選択します。
    3. X、Y、Zの各座標欄で、力とモーメント(またはそのいずれか)の各方向成分を入力します。
  7. 非線形構造解析では、追従力であるか固定方向力であるかを指定します。
    1. 追従力であることを指定するにはIs follower loadチェックボックスを選択します。
    2. 固定方向力であることを指定するには、このチェックボックスをオフのままにしておきます。
  8. OKをクリックします。