静水圧

釣り合い状態の流体によって作用する圧力を定義します。

静水圧とは、釣り合い状態にある流体中の指定のポイントで、重力に起因して流体によって作用する圧力として定義した値です。静水圧は流体表面からの深さに比例して増加します。深さに伴って増加する流体の重量によって、上方から下方に力が作用するからです。

  1. Project TreeAnalysis Workbenchを開きます。
  2. Analysis Workbenchツールバーで、(Hydrostatic pressure)アイコンをクリックします。
  3. modeling windowで、静水圧を適用するフェイスを選択します。
  4. オプション: Add tangent facesチェックボックスを選択します。
  5. Coordinates of a point at liquid surfaceでX、Y、Zの各座標値を定義することで、流体表面の位置を指定します。
    ヒント: modeling windowで静水圧荷重のグラフィック表現を使用して、この座標を指定することもできます。モデル周囲のボールをドラッグして目的の位置に配置します。
  6. Depth direction、X、Y、Zの各方向の値を入力します。
  7. 液体の密度の単位と値を指定します。
  8. 液体表面での圧力の単位と値を指定します。
  9. OKをクリックします。
    Project Treeに静水圧荷重が表示されます。この荷重を選択すると、モデルに荷重がグラフィック表示されます。
    注: 重力の方向を定義済みであれば、深さの方向には、この既存の定義が使用されます。その場合は、表面の標高を指定できますが、その方向は変更できません。