回転慣性荷重

アセンブリにあるパートのボリューム全体にわたって均一に分布した回転慣性荷重を適用します。

  1. Project TreeAnalysis Workbenchを開きます。
  2. ワークベンチツールバーで、 (Inertia Load) > Rotational inertiaをクリックします。
  3. 次の方法のいずれかで、並進慣性の適用先を指定します:
    • アセンブリにあるすべてのパートに適用するには、Apply to whole assemblyラジオボタンをオンにします。
    • Apply to selected partsラジオボタンをオンにして、modeling windowで目的のパートを選択します。
  4. ラジオボタンを使用してエッジの選択または円筒の選択を指定します。
  5. modeling windowで、モデル上の特定のパートをクリックして選択します。
    これによって、回転軸の位置が指定されます。
    ヒント: この位置を微調整するには、OriginまたはDirectionでX、Y、Zの各値を使用するか、モデルの中でボールをドラッグします。
  6. オプション: 必要に応じて、Flip axisラジオボタンを選択して軸の方向を変更します。
  7. 軸方向の加速力、角速度、角加速度の値と単位を指定します。
  8. OKをクリックします。