基礎励振

非定常 / 周波数応答
  1. 2種類の基礎励振を使用できます。励振は変位または加速度で指定できます。どちらもグローバルなX、Y、またはZの座標フレームでのみ適用されます。
  2. 励振タイプ(変位または加速度)、時間関数、スケーリング振幅、および方向を選択できます。
  3. また、パイプシステム、橋、輸送システムなど、長さがある地上の構造物で重要な個々の支持構造にも変位に基づく励振を適用できます。
ランダム応答
  1. 励振は加速度で指定できます。加速度は、グローバルなX、Y、またはZの座標フレームでのみ適用されます。
  2. 励振タイプ(加速度)、周波数/PSD関数、スケーリング振幅、および方向を選択できます。
  3. 応答のパワースペクトル密度(PSD)、 S x o ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaahqart1ev3aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4uamaaBa aaleaacaWG4bGaam4BaaqabaGccaGGOaGaamOzaiaacMcaaaa@3B36@ は、音源のパワースペクトル密度、 S a ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaahqart1ev3aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4uamaaBa aaleaacaWGHbaabeaakiaacIcacaWGMbGaaiykaaaa@3A2B@ は以下で示されます:(1)
    S x o ( f ) = ( H x a ( f ) S 2 a ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaahqart1ev3aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4uamaaBa aaleaacaWG4bGaam4BaaqabaGccaGGOaGaamOzaiaacMcacqGH9aqp daabdaqaaiaacIcacaWGibWaaSbaaSqaaiaadIhacaWGHbaabeaaki aacIcacaWGMbGaaiykaaGaay5bSlaawIa7amaaCeaaleqabaGaaGOm aaaakiaadofadaWgaaWcbaGaamyyaaqabaGccaGGOaGaamOzaiaacM caaaa@4A60@
    ここで、 H x a ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaahqart1ev3aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamisamaaBa aaleaacaWG4bGaamyyaaqabaGccaGGOaGaamOzaiaacMcaaaa@3B1D@ は周波数応答関数。

    ここで、ランダム応答解析の入力として、基礎励振を例にとります。

    振幅を持つ基礎励振は、周波数応答解析の入力を定義するために使用されるため、加速度励振タイプの単位は、以下の強調表示された単位のいずれかになります。
    • m/sec2
    • mm/sec2
    • cm/sec2
    • G
    • in/sec2
    PSD関数の単位は境界条件によって異なります。この例では、基礎励振が加速度として与えられているため、PSDの単位は (mm/s2)2/Hzなります。


    図 1.
    注: 励振源の位置として使用できるのは、完全拘束と一般拘束のみです。現時点で、ヒンジ、ばね、およびスライダーはサポートされていません。