SS-T: 4025 モーダル初期応力

モーダル解析に初期応力条件を適用します。

前提条件
このチュートリアルで使用されている機能の一部は、 SimSolid Advanced versionでのみ利用可能です。このチュートリアルを完了するには、Advancedに切り替えてください。
目的
SimSolidは、簡略化されていない形状を使用したパートとアセンブリに対して機能するメッシュレス構造解析を実行しますが、ジオメトリの不完全性に寛容で、数秒から数分で実行を完了します。このチュートリアルでは次の操作を実行します:
  • 初期応力モーダルのセットアップ方法を確認します。
  • 初期応力モーダル結果と非初期応力モーダル結果を比較します。
モデルの説明
このチュートリアルには以下のモデルファイルが必要です。
  • Crankshaft_Prestressed.ssp

プロジェクトを開く

  1. 新しいSimSolidセッションを開始します。
  2. メインウィンドウのツールバーで、Open Project をクリックします。
  3. Open project fileダイアログで、Crankshaft_Prestressed.sspを選択します。
  4. OKをクリックします。

固有値解析の作成

  1. メインウィンドウのツールバーで、(Modal analysis)アイコンをクリックします。
  2. ポップアップ表示されたNumber of modesウィンドウで、モードの数を9として指定します。
  3. OKをクリックします。
    新しい固有値解析がProjectツリーに表示されます。

完全拘束の作成

  1. Analysisワークベンチで、Immovable Support をクリックします。
  2. ダイアログで、Facesラジオボタンが選択されていることを確認します。
  3. モデリングウィンドウで、図 1に示すようにフェイスを選択します。


    図 1.
  4. OKをクリックします。

ヒンジサポートの作成

  1. Analysisワークベンチで、Hinge Support をクリックします。
  2. 図 2に示すようにフェイスを選択します。


    図 2.
  3. Applyをクリックしてから、Closeをクリックします。

構造線形解析の作成

メインウィンドウのツールバーで、Structural Analysis > Structural linearをクリックします。
ProjectツリーのDesign study 1に新しい解析が表示され、Analysisワークベンチが開きます。

解析へのサポートのコピー

  1. Modal 1 analysisで、Immovable 1を右クリックして、Copy to > Structural 1を選択します。
  2. Hinge 1を右クリックして、Copy to > Structural 1を選択します。

回転慣性の作成

  1. Structural 1 Analysisワークベンチで、Inertia Load > Rotational inertiaをクリックします。
  2. ダイアログで、Select a cylinderラジオボタンをクリックして、Hinge 1を適用する円筒を選択します。
  3. Angular velocityに、5000と入力し、単位をRPMに変更します。
  4. Angular accelerationに、50 rad/sec^2と入力します。
  5. OKをクリックします。

モーダル初期応力解析の作成

  1. メインウィンドウのツールバーで、Modal > Modal prestressedをクリックします。
  2. Modal prestressed setupウィンドウで、Structural 1を選択します。
  3. Number of modes to findに、9と入力します。
    新しい解析(Structural 1にリンクされたModal 2)がDesign study 1の下のProjectツリーに表示され、Analysisワークベンチが開きます。

設計スタディの実行

設計スタディにあるすべての解析を解きます。

  1. Projectツリーで、Design study 1ブランチを選択します。
  2. Run All Analyses をクリックします。
  3. Solver Managerで、すべての解析が選択されていることを確認します。
  4. Apply to all partsをクリックします。Solveをクリックします。
    SimSolidによって、この設計スタディのブランチにあるすべての解析が実行されます。終了すると、各解析のResultsブランチがProjectツリーに表示されます。

結果の比較

  1. Modal 1とModal 2の結果を確認します。
  2. Structural 1にリンクされたModal 2の周波数の方が初期応力状態のために少しだけ高いことを観察します。