SS-T: 4150 調整接触条件を使用した締まりばめ

目的
SimSolidは、簡略化されていない形状を使用したパートとアセンブリに対して機能するメッシュレス構造解析を実行しますが、ジオメトリの不完全性に寛容で、数秒から数分で実行を完了します。このチュートリアルでは次の操作を実行します:
  • ギャップまたは貫通が定義されているモデルで、そのギャップまたは貫通を除去するための調整接触条件の使用方法を学びます。
モデルの説明
このチュートリアルには以下のモデルファイルが必要です。
  • Shaft_Assembly.ssp
1.


このファイルには以下の指定があります。
  • すべてのパートの材料は鋼に設定されています。
  • 結合接触が作成された標準結合です。
  • 解設定はグローバル+ローカルアダプティブです。
  • このモデルでは、図 2に示すように接触領域で当初の貫通が実行されます。
    2.


プロジェクトを開く

  1. メインウィンドウのツールバーで、Open Project をクリックします。
  2. Open project fileダイアログで、Shaft_Assembly.sspを選択します。
  3. OKをクリックします。

構造線形解析の作成

メインウィンドウのツールバーで、Structural Analysis > Structural linearをクリックします。
Design study 1の下のに新しい解析が表示されます。が開きます。

完全拘束の作成

  1. で、Immovable Support をクリックします。
  2. ダイアログでFacesラジオボタンが選択されていることを確認します。
  3. modeling windowにオレンジ色で表示されている3つのフェイスを選択します。
    3.


接触条件の作成

  1. オレンジ色で表示されているパートを右クリックしてReview part contact conditionsを選択します。
    4.


  2. Review part contact conditionsダイアログでConnection 1, bondedがハイライトされているの確認し、Editを選択します。
    Custom Contact Conditionダイアログが開きます。
  3. ダイアログでAlignラジオボタンオプションを選択します。
  4. OKをクリックします。

解析の計算

  1. で、Structural 1サブケースが選択されていることを確認します。
  2. (Solve)をクリックします。
SimSolidは、解析をDesign study 1で実行します。終了すると、各解析のResultsブランチがに表示されます。

結果の表示

  1. で、Structural 1のResultsブランチを選択します。
  2. で、(Results plot)をクリックします。
  3. Displacement Magnitudeプロットを選択します。
  4. Legendウィンドウで、 (Show deformed shape)をクリックします。
    modeling windowが更新され、選択した結果とオプションが表示されます。
    5.


  5. Legendウィンドウを閉じます。
  6. パートを隔離表示するには、オレンジ色でハイライトされたパートを選択し、キーボードの I を押します。
    6.


  7. で、(Results plot)をクリックします。
  8. Stress > Von Mises Stressプロットを選択します。
  9. Legendダイアログで、最小値を0 MPa、最大値を5000MPaに設定します。
フォンミーゼス応力プロットは、初期貫通を排除するために接触を合わせた部分における最大応力集中を示しているはずです。
7.