ベストプラクティス

信頼性のある一貫した結果を得るためのベストプラクティス。

ジオメトリのインポート / 表現

SimSolidにはジオメトリエンジンがありません。そのため、モデルをSimSolidにインポートする際に、ファセット化されたボリュームとして保存すると、それらのファセット化されたボリュームが成す境界上で解析を実行できます。ファセット化されたボリュームが全体のジオメトリを表現する精度は、インポートオプションで制御されます。SimSolidには、いくつかのリファインレベルが用意されています。

ジオメトリインポートのガイドライン:


Figure 1.
SimSolidには、Standard、Enhanced、Fineなどのプリセットオプションと、角度偏差と弦偏差を操作できるCustomオプションがあります。解像度を上げると、ファセット数は増加しますが、それにより解析時間も増加します。Fine設定やCustom設定が、常にベストプラクティスであるわけではありません。インポート設定は、使用しているジオメトリと解析の目的に基づいて適切に選択してください。


Figure 2.

例えば、最終目的が応力解析の実行である場合は、応力集中の原因となる粗いファセットを避けることができます。そのような場合は、EnhancedまたはFine設定を使用します。剛性を求めることが目的の場合は、たいてい標準のインポート設定で済みます。

全体的なガイドライン:
  • 薄肉構造、曲面、穴を含むモデルでうまくいかない場合、または応力に注目する場合は、常にEnhancedでインポートします。
  • 不要な空孔や鋭いファセットなど、ジオメトリの問題点は常にチェックしてください。
  • マージしたパートは避けてください。


Figure 3.

結合の忠実度

全体的なガイドライン:
  • 自動結合を適切に使用し、トレランスを低い状態に維持します。
  • 必要な場合にのみ、解像度の高い結合を使用します。
  • 結合チェックツールを使用することで、迅速にグループを結合し、問題のある結合を見つけることができます。
  • ボルト軸での結合は、常にスライドする必要があります。
  • 大きなフェイスへの仮想結合の適用は避けてください。
標準結合:
  • 標準結合は、パート間の接触面でのポイントクラウドとして可視化されます。
  • 自動でも手動でも作成できます。
  • この2つの入力(近接トレランスと解像度)の調整が、現実的な結合を作成する上での鍵となります。これにより現実的な荷重経路が得られます。
トレランス:
  • 結合は近接基準に基づいて検索されます。2つのパートのフェイスがギャップ / 貫通トレランスウィンドウ内にある場合、結合が確立されます。
  • 剛体モデルで、ギャップトレランスが大きすぎると、望んでいない領域で結合が生じる可能性があります。
  • ギャップ / 貫通トレランスが小さすぎると、パートは結合されないままか、不安定となる可能性があります。




Figure 4.
解像度:
  • 結合は、ポイントクラウドの密度を定義する解像度(normal、increased、highから指定)で作成されます。
  • increased/highの解像度は、結合を完全に定義する必要がある領域でのみ使用してください。


Figure 5.
increasedの結合解像度を選択すると実行時間が長くなります。highに設定した場合はさらに時間がかかります。


Figure 6.
以下に不適切な結合の効果の例を示します。








ツール:

SimSolidには、適切な結合の作成を容易にするツールが用意されています。
  • 切り離されたグループの表示 - 削除、除去、または結合される、すべての切り離されたパートのグループが一覧表示されます。
    • 切り離されたグループを必要なだけ選択してConnectを選択すると、これらを結合することができます。その他すべてを再作成する必要はありません。


Figure 7.
  • 標準結合の確認 - 設計スタディ内のすべての標準結合が、すべての関連情報と共に一覧表示されます。
    • これを使用して、見つかったギャップ / 貫通、またはポイント数で結合を並べ替えることで、問題のある結合を特定します。


Figure 8.

シーム溶接

最良の結果を得るには、可能な限り溶接を使用します。
  • シーム溶接は、パート間のオーバーラップしているフィーチャーラインで、角柱状のソリッドとして作成されます。
  • パート間で手動で作成するか、インポートされたCAD溶接またはライン(.xmlファイル)を使用して作成できます。
  • SimSolid溶接を使用すると、単に固着結合を伴うソリッドボディを使用するより優れたアダプティブ手法を利用できます。
  • 現在、次の3つの状況では、SimSolidで溶接を作成することはできません。
    • エッジがオーバーハングしているチューブ
    • インポートされたソリッドで、中心線がフィーチャーラインから遠く離れている
    • 凸状エッジ

ソリューションアダプティブ

全体的なガイドライン:
  • Adapt to Featuresを使用すると、小さなフィーチャーの自由度を選択的に上げることができます。
  • Adapt to Thin Solidsを使用すると、薄い湾曲したパートの自由度を選択的に上げることができます。
  • ローカルグループは以下の場合に使用します:
    • 特定の位置で高忠実度応力に注目する場合
    • パートのスケールに大きな差異がある場合
    • アセンブリに剛性の高い材料と柔軟性の高い材料が混在している場合
Adapt thin to solids:
  • ローカルに薄い湾曲した領域の自由度を上げます。
  • 重要な領域でより正確に曲率を捕捉することにより、精度を向上させます。


Figure 9.
波状構造でのモーダル結果の例を以下に示します。


Figure 10. 薄肉ソリッドアダプトなし


Figure 11. 薄肉ソリッドアダプトあり
アダプティブパス:
  • パスの数を増やすことで境界での自由度の数が増加し、これによって境界でのエラーが減少します。




Figure 12.