SS-V:5010 Z字型片持ち梁

テスト番号VNL02大きさが変動する横荷重の下でのZ字型片持ち梁の垂直変位を求めます。

定義

Z字型片持ち梁は、最大4000 Nの横荷重の作用下にあります(Figure 1)。


Figure 1.

荷重は控え目でその方向は変わりませんが、片持ち梁は変形します。

材料特性は以下の通りです:
特性
弾性係数
2.e+11 pa
ポアソン比
0.3

結果

次の表は、異なる荷重に対する垂直変位Uzの値をmm単位で示したものです。
荷重 [N] SOL基準 * SimSolid %差異
300 113.0 113.3 0.24%
500 124.1 122.1 -1.58%
1000 131.0 133.3 1.78%
2500 139.5 143.4 2.82%
4000 144.0 144.8 0.53%

*SOL基準は薄肉シェルモデルです。

荷重4000 Nでのフォンミーゼス応力分布を以下に示します。
Figure 2.
1 A.A.Becker, Background to Finite Element Analysis of Geometric Non-linearity Benchmarks, Published by NAFEMS, Ref:-R0065, pg.61 Page 66