SS-T: 3020 軸受荷重

SimSolidで軸受荷重を作成します。

目的
SimSolidは、簡略化されていない形状を使用したパートとアセンブリに対して機能するメッシュレス構造解析を実行しますが、ジオメトリの不完全性に寛容で、数秒から数分で実行を完了します。このチュートリアルでは次の操作を実行します:
  • SimSolidで軸受荷重を作成する方法を学びます。
モデルの説明
このチュートリアルには以下のモデルファイルが必要です。
  • BearingLoad.ssp


図 1.
このファイルには以下の指定があります。
  • すべてのパートの材料が鋼に設定されている。
  • ギャップと貫通のトレランスが0.2mmである標準結合。
  • 固着接触条件が自動的に作成される。

プロジェクトを開く

  1. 新しいSimSolidセッションを開始します。
  2. メインウィンドウのツールバーで、Open Project をクリックします。
  3. Open project fileダイアログで、BearingLoad.sspを選択します。
  4. OKをクリックします。

構造線形解析の作成

メインウィンドウのツールバーで、Structural Analysis > Structural linearをクリックします。
ProjectツリーのDesign study 1に新しい解析が表示され、Analysisワークベンチが開きます。

完全拘束の作成

  1. Analysisワークベンチで、Immovable Support をクリックします。
  2. ダイアログでFacesラジオボタンが選択されていることを確認します。
  3. モデリングウィンドウFace 0, Outer sleeveを選択します。


    図 2.
  4. OKをクリックします。
    新しい拘束Immovable 1がProjectツリーに表示されます。拘束の可視化表現がモデル上に表示されます。

軸受荷重の適用

  1. Analysisワークベンチのツールバーで(Bearing loads)をクリックします。
  2. モデリングウィンドウで、図 3に示すようにフェイスを選択します。


    図 3.
  3. 荷重には半径方向に1000を入力します。
  4. DirectionのXに0.00000、Yに-1.00000、Zに0.00000とそれぞれ入力します。
    ヒント: スライダーバーまたはスピンホイールを使用するか、角度を入力することによってDirectionを編集することもできます。
  5. Load span and angleに120と入力します。
  6. Closeをクリックします。

解析の実行

  1. ProjectツリーAnalysisワークベンチを開きます。
  2. (Solve)をクリックします。

結果の表示

  1. Analysisワークベンチツールバーで、(Results plot)アイコンをクリックします。
  2. Displacement Magnitudeを選択します。
    Legendウィンドウが開いてコンタープロットが表示されます。


    図 4.