ローカル領域への接着の追加

既存の管状パートを使用してローカル領域に接着(剛性)を追加します。

選択するパートは、管状円筒形状に適合している必要があります。SimSolidでは、円筒パートの中心線が抽出されたうえで、管状パートがオーバーラップするパート間のギャップに、指定した幅の接着領域が作成されます。
注: 接着の材料は線形であることが前提となります。応力ひずみカーブが関連付けられている材料は使用できません。接着は、すべてのタイプの非線形解析に適用できます。

  1. ProjectツリーでConnectionsブランチをクリックします。Projectツリーで、Connectionsブランチをクリックします。
  2. Connectionsワークベンチで、(Create adhesive connections from solids/lines)アイコンをクリックします。
  3. 表示されたダイアログで接着幅を定義します。
  4. Create from solidsで、次のオプションのいずれかを使用してモデル上のパートを選択します。
    オプション プロセス
    Select solids which represent adhesive
    1. Select solids which represent adhesiveラジオボタンを選択します。
    2. モデリングウィンドウで、ソリッドを選択します。選択したパートがダイアログに一覧表示されます。
    Find solids by keyword
    1. Find solids by keywordラジオボタンを選択します。
    2. Part name contains:テキストボックスにパート名の文字列を入力します。
    3. Find solidsをクリックします。入力した文字列をパート名に持つソリッドのリストがダイアログに表示されます。
  5. Find connectionsボタンをクリックして、選択したパート間の結合を検索します。
    パートが検査され、認識されたすべてのパートが、指定した幅の接着層に変換されます。
  6. 接着材料名を定義します。
  7. OKをクリックします。