SS-T: 5070 リモートポイントを使ったポスト処理

目的
SimSolidは、簡略化されていない形状を使用したパートとアセンブリに対して機能するメッシュレス構造解析を実行しますが、ジオメトリの不完全性に寛容で、数秒から数分で実行を完了します。このチュートリアルでは次の操作を実行します:
  • 静的および動的な荷重ケースのリモートポイントを使用した結果のクエリ方法について説明します。
モデルの説明
このチュートリアルには以下のモデルファイルが必要です。
  • bike_chasses.ssp
1.


このファイルには以下の指定があります。
  • 材料は鋼に設定されている。
  • 線形静的サブケースと動的サブケースをリモート荷重で解きます。

プロジェクトを開く

  1. 新しいSimSolidセッションを開始します。
  2. メインウィンドウのツールバーで、Open Project をクリックします。
  3. Open project fileダイアログで、bike_chassis.sspを選択します。
  4. OKをクリックします。

モデルの確認

  1. でサブケースをを展開します。
  2. Loads and Constraintsブランチを展開し、荷重を確認します。
  3. サブケースの結果を選択します。
  4. で、 (Result plot) > Displacement > Displacement Yを選択します。
  5. Legendウィンドウで、 Set output coordinate system をクリックし、ドロップダウンからCoordinate system 1を選択します。
    modeling windowのコンターが更新されます。
    2.


リモート荷重に沿った変位の評価(静的サブケース)

  1. Structural 1サブケースを選択します。
  2. で、 (Pick Info)をクリックします。
  3. Pick Infoダイアログで、Response Infoタブを開き、Pick loadラジオボタンを選択します。
  4. Remote Load 1を選択します。
  5. 座標系をグローバル座標系からCoordinate system 1に変更します。
    リモート荷重の方向と大きさ、X、Y、Z軸に沿った変位が計算され、ダイアログ内に表示されます。
    3.


リモート荷重に沿った変位の評価(動的サブケース)

  1. Frequency dynamics 1, linked to Modal 1 サブケースを選択します。
  2. で、 (Pick Info)をクリックします。
  3. Pick Infoダイアログで、Response Infoタブを開き、Pick loadラジオボタンを選択します。
  4. Remote Load 1を選択します。
  5. Response typeに、Remote Point Displacement Yを選択します。
  6. 座標系をグローバル座標系からCoordinate system 1に変更します。
  7. Evaluateをクリックして応答プロットを表示します。
    4.


  8. Save to PCH > Save selectedを選択します。
応答はPUNCHファイルに書き込まれます。