SS-T: 4050 連成構造熱解析

SimSolidでピストンヘッドの連成構造熱解析を作成します。

目的
SimSolidは、簡略化されていない形状を使用したパートとアセンブリに対して機能するメッシュレス構造解析を実行しますが、ジオメトリの不完全性に寛容で、数秒から数分で実行を完了します。このチュートリアルでは次の操作を実行します:
  • 連成構造熱解析を作成する方法を学びます。
モデルの説明
このチュートリアルには以下のモデルファイルが必要です。
  • ThermalStructual.ssp
1.


このファイルには以下の指定があります。
  • すべてのパートの材料が鋼に設定されている。