プロセスパラメータ

成形プロセスのための射出、保圧、冷却、および必要なマシンパラメータを定義します。デフォルトではMKS単位(m kg N s)で各値が表示されます。

場所:射出成形リボン

ステージパラメータ

ステージタブを使用して、解析の射出、保圧、冷却の各フェーズのパラメータを定義します。

射出

時間、流速、または注入スピードに基づいて射出オプションを選択し、値を入力します。
射出パラメータ 説明
湯流れ時間 射出プロセスに必要となる正確な時間を入力します。
流量 注入口での質量流量を入力します。流量はarea * velocity.です。
注入スピード 注入スピードを入力します。
V/P切り替え位置 注入段階(速度)から保圧段階(圧力による制御)への変換ポイントを、以下の基準の1つ以上の選択に基づいて設定します:
  • 射出ボリューム比率: 指定された射出ボリューム充填率に達したら、移行します。パーセンテージを入力するか、デフォルト値を使用します。
  • 指定圧力指定した射出圧力が注入面にまで達したら、移行します。圧力を入力するか、デフォルト値を使用します。
  • 最大マシン保圧率: 射出圧力が指定された最大マシン保圧率に達したら、移行します。パーセンテージを入力するか、デフォルト値を使用します。
  • 最大クランプ力率: 指定された最大クランプ力率に達したら、移行します。パーセンテージを入力するか、デフォルトを使用します。
注: 指定圧力最大マシン保圧率最大クランプ力率は、高度な設定が有効な場合にのみ使用できます。
保持圧力 保持圧力または、最大射出圧力か最大充填面圧力のパーセンテージを指定します。
  • 圧力率:キャビティ内部で保持する圧力を、最大射出圧力に対する比率で入力します。最大射出圧力はステージタブで定義します。
  • 圧力:実際の数値で保圧圧力を入力します。
  • 最大マシン圧力パーセンテージ:マシンタブで定義した最大充填面圧力に対する比率で入力します。
射出終了基準 保圧ステージへの移行ポイントを指定する以下のオプションのいずれか、または両方を選択します。
  • 射出ボリューム:キャビティ内部のボリュームが、指定した比率に達した時点で射出を停止します。
  • 時間:指定した時間が経過した時点で射出を停止します。
注: Advanced Setupが有効な場合のみ利用可能です。

保圧

解析の保圧プロセスにおける時間と圧力のパラメータを定義します。
保圧パラメータ 説明
保持圧時間 注入口で保圧する時間を設定します。注入口に適用する保圧は、キャビティ全体で圧力がゼロに達するまで、または最大充填時間に達するまで続きます。
最大保圧時間 解析の保圧段階の最大継続時間を設定します。
保圧圧力
  • 射出終了率: 射出段階での最終圧力の比率で保圧を設定します。
  • 圧力:保圧を絶対圧値で設定します。

冷却

冷却フェーズの終了基準を放出温度とするか終了時間とするかを選択します。両方のオプションを選択した場合は、どちらかの値に達したときに冷却が停止します。
冷却パラメータ 説明
放出温度 このオプションを選択すると、すべてのキャビティパートの温度が定義した温度以下になったときに冷却フェーズを停止します。温度入力するか、デフォルト値を使用します。
終了時間 このオプションを選択すると、指定した時間後に冷却フェーズを停止します。時間を入力するか、デフォルト値を使用します。
注: Advanced Setupが有効な場合のみ利用可能です。

マシンパラメータ

マシンタブを使用して、成形機に必要なストロークボリューム、射出圧力、流量、クランプ力を定義します。

マシンパラメータ 説明
最大ストロークボリューム スクリューが完全に引き込まれたときの押出機の最大容量を入力します。これにはバレルに取り付けられたノズルは含まれず、スクリューの移動範囲に相当する容量のみが含まれます。
最大射出圧力 現在のスクリューで、機械が生成できる最大材料圧力を入力します。この圧力は、例えば最大油圧にスクリューの増圧比を掛けたものから計算できます。例: (Hydraulic: 2,000psi) * (IR = 3:1) = 6,000psi.
注: 通常、射出圧力は往復スクリューの力に基づいています。
  • Lower diameter (A): 最大射出圧力は約1,800~2,400barです。
  • Medium diameter (B): 最大射出圧力は約1500~1800barです。
  • Higher diameter (C): 最大射出圧力は約1300~1500barです。
最大射出流速 (A·v)で使用する成形機固有の最大質量流量を入力します。
最大クランプ力 射出プロセス中に金型を閉じたままにするために必要な最大力(N)を入力します。マシンの最大クランプ力(ニュートン)。5,000,000Nは560トン(Imperial)に相当します。
注: 金型にかかる圧力によって、金型の半分の部分それぞれが外側に広がろうとします。型締力が不十分であると、バリ不良につながります。
マシン設定を超えた場合解析を中止する マシンパラメータが指定された最大値を超えた場合、シミュレーションを停止するには、このオプションを選択します。