繊維配向結果の追加

繊維配向テンソルを含む結果を作成するために、詳細解析を実行する際に繊維の追加を選択します。

前提条件:解析を実行する前に、まず繊維特性を含む材料を金型部品に適用する必要があります。詳細については、材料への繊維の追加を参照してください。

  1. 解析アイコンで解析の実行ツールをクリックします。

  2. 解析の実行ダイアログのステージタブで、スピード/精度スライダーを詳細に合わせます。
  3. 射出繊維の追加オプションを選択します。
  4. レイヤー数には5またはそれ以上を入力します。詳細ソルバーでは、繊維計算を開始するために最低5つのメッシュ層が必要です。
  5. 解析の実行ダイアログで、解析に必要なその他の設定を定義します。
  6. 実行をクリックします。
  7. 解析が完了したら、解析エクスプローラで実行を選択し、射出(Filling)ステージ、繊維配向(Fiber Orientation)結果タイプ、および以下の繊維配向テンソルのいずれかを選択します。
    • XX:赤のコンターは、X方向のテンソルを表示します。
    • YY:赤のコンターは、Y方向のテンソルを表示します。
    • ZZ:赤のコンターは、Z方向のテンソルを表示します。
    • XY:XY平面上のテンソルを表示します。
    • YZ:XZ平面上のテンソルを表示します。
    • ZX:ZX平面上のテンソルを表示します。
    繊維配向テンソルXXの結果例:


  8. テンソルをさらに詳しく調べるには、オプションボタンを選択します。