TSTEPNL

サブケース情報エントリ TSTEPNLコマンドを使用すると、非線形陰解法動解析の積分およびその他のパラメータを選択できます。

フォーマット

TSTEPNL = option

TSTEPNL = 731

定義

引数 オプション 説明
option <SID>

デフォルト値はありません。

SID
TSTEPNLバルクデータエントリのセット識別番号。

コメント

  1. 非線形陰解法動解析を実行するには、TSTEPNLエントリを選択する必要があります。