TSTEP

サブケース情報エントリ TSTEPコマンドを使用すると、過渡解析で使用する積分を選択できます。

フォーマット

TSTEP (type) = option

TSTEP = 731
TSTEP (FOURIER) = 755

定義

引数 オプション 説明
type <TIMEFOURIER>
TIME(デフォルト)
時間領域で時間ステップの積分によって過渡応答を計算します。
FOURIER
フーリエ変換法を使用して周波数領域で過渡応答を計算します。
option <<varname>FOURIER</varname>>

デフォルト値はありません。

SID
TSTEPバルクデータエントリのセット識別番号。

コメント

  1. 過渡解析を実行するには、TSTEPエントリを選択する必要があります。TSTEP(FOURIER)は、直接過渡解析とモーダル過渡解析の両方でサポートされています。TSTEP(FOURIER)によるフーリエ変換を使用した過渡応答解析は、モーダル周波数応答サブケースも含んだモデルでは使用できません。OptiStructはこのような場合エラーを出します。
  2. TSTEPエントリを使用して過渡熱解析を実行することもできます(type=TIMEまたはデフォルトの場合のみ)。
  3. モーダル周波数応答解析で時間依存荷重を使用するには、TSTEP(FOURIER)コマンドでTSTEPバルクデータエントリを選択する必要があります。これにより、時間依存荷重が周波数領域でフーリエ変換によって再計算されます。