STRAIN

入出力オプションまたはサブケース情報エントリ すべてまたは個々のサブケースのひずみを出力するよう要求するために使用されます。

重要: 陰解法および陽解法で有効

また、圧電材料を含む構造解析のための電界出力を要求するためにも使用できます。詳細については、ユーザーズガイド圧電解析をご参照ください。

フォーマット

STRAIN (sorting,format_list,form,type,location,extras_list,random,peakoutput,modal,Neuber, kpi, creep, rate, statistics, RTHRESH=rthresh, THRESH=thresh, TOP=topn, RTOP=rtop, SUBSYS, NLOUT) = option

定義

引数 オプション 内容
sorting <SORT1, SORT2> この引数が適用されるのは、ノーマルモード、周波数応答および過渡サブケースでのPUNCHフォーマット(.pchファイル)またはOUTPUT2フォーマット(.op2ファイル)の出力のみです。他の場所で使用した場合は無視されます。その際、警告は表示されません。
SORT1
各周波数/タイムステップの結果をグループ化します。
SORT2
各グリッド / 要素の結果をグループ化します。 11
空白(デフォルト)
周波数応答解析では、要素SETを指定していない場合はSORT1、それ以外の場合はSORT2がそれぞれ使用されます。過渡解析ではSORT2が使用されます。
format <HMH3DOPTIPUNCHOP2PLOTHDF5、空白>
HM
結果はHyperMesh結果フォーマット(.resファイル)で出力されます。
HyperMesh .resフォーマットで書き込まれたひずみ結果をご参照ください。
H3D
結果はHyper3Dフォーマット(.h3dファイル)で出力されます。
OPTI
結果をOptiStruct結果フォーマット(.strnファイル)で出力します。
解析結果は、解析タイプに応じて新旧のOPTIフォーマットで出力できます。詳細については、PARAM, OPTIをご参照ください。
PUNCH
結果をNastran punch結果フォーマット(.pchファイル)で出力します。
Nastran .op2および.pchフォーマットで書き込まれたひずみ結果をご参照ください。
OP2
結果はNastran output2フォーマット(.op2ファイル)で出力されます。
Nastran .op2および.pchフォーマットで書き込まれたひずみ結果をご参照ください。 14
PLOT
バルクデータセクションでPARAM,POSTが定義されている場合、結果をNastran output2フォーマット(.op2ファイル)で出力します。
Nastran .op2および.pchフォーマットで書き込まれたひずみ結果をご参照ください。
バルクデータセクションでPARAM, POSTが定義されていない場合にこのフォーマットを使用すると、他の結果を出力せずに、XYPUNCH出力用に複素結果のフォームを定義することができます。
HDF5
結果は階層ツリーフォーマット、Version 5 (.h5ファイル)で出力されます。 18
空白(デフォルト)
利用可能な結果があるアクティブなフォーマットすべてで結果を出力します。
form <COMPLEX, REAL, IMAG, PHASE, BOTH>

デフォルト(HMのみ)= COMPLEX

デフォルト(他の全てのフォーマット)= REAL

COMPLEX(HMのみ)、空白
HM出力フォーマットでは、.resファイルへの複素出力として、位相 / 振幅を組み合わせたフォームを指定します。
REALまたはIMAG
複素出力の直交フォーマット(実部と虚部)を指定します。
PHASE
複素出力の極フォーマット(位相と振幅)を指定します。
BOTH(HMのみ)
複素出力の直交フォーマットと極フォーマットの両方を指定します。
type <VON, PRINC, MAXS, SHEAR, ALL, TENSOR, DIRECT>
VON
フォンミーゼスひずみの結果のみを出力します。
PRINCMAXSSHEAR
フォンミーゼスひずみと最大主ひずみの結果を出力します。
(デフォルト)
ひずみの結果をすべて出力します。
TENSOR
ひずみの結果をすべて出力します。H3D出力にはテンソルフォーマットが使用されます。
DIRECT
ひずみの結果をすべて出力します。H3D出力にはダイレクトフォーマットが使用されます。
location <CENTER, CUBIC, SGAGE, CORNER, BILIN, GAUSS>
CENTER(デフォルト)
シェル要素とソリッド要素に関して、要素の中心の要素ひずみのみを出力します。
CUBIC
3次元曲げ補正によるひずみゲージアプローチを使用して、シェル要素とソリッド要素に関して、要素の中心およびグリッドの要素ひずみを出力します。
SGAGE
ひずみゲージアプローチを使用して、シェル要素とソリッド要素に関して、要素の中心およびグリッドの要素ひずみを出力します。
CORNERまたはBILIN
双一次外挿を使用して、シェル要素およびソリッド要素に関して、要素の中心およびグリッドの要素ひずみを出力します。 15
GAUSS
シェル要素とソリッド要素の(全)要素ひずみおよび塑性ひずみは、Gauss積分点で出力されます。 15
extras <MECHTHERPLASTIC>

デフォルト値はありません。

MECH
全ひずみに加えて、機械的ひずみも出力します。この出力はH3Dフォーマットでのみ利用可能です。
THER
全ひずみに加えて、熱ひずみも出力します。この出力はH3Dフォーマットでのみ利用可能です。 22
PLASTIC
全ひずみに加えて、塑性ひずみも出力します。この出力はH3Dフォーマットでのみ利用可能です。
random <PSDF, RMS, PSDFC>

デフォルト値はありません。

PSDF
ランダム応答解析によるPSDとRMSの結果を出力するよう要求します。
RMS
ランダム応答解析による“周波数全体に対するRMS”結果のみを出力するように要求します。
PSDFC
ランダム応答解析によるPSDRMSおよびRMS(累積)の結果を出力するよう要求します。
peakoutput <PEAKOUT>

デフォルト = 空白

が存在する場合、PEAKOUTカードからのフィルターのかかった周波数のみがこの出力に考慮されます。
modal <MODAL>

デフォルト = 空白

MODALがある場合、モーダル周波数応答と過渡応答解析で、構造モードとレジデュアルベクトルのひずみ結果がPUNCHOUTPUT2H3Dファイルに出力されます。
Neuber <NEUBER>

デフォルト = 空白

NEUBERが存在する場合、フォンミーゼスひずみがNeuber則を使用して補正され、H3Dファイルに出力されます。 16
kpi <KPI>

デフォルト = 空白

ひずみ結果の重要性能指標は*.kpi ASCIIファイルに出力されます。 20
creep <CREEP>

デフォルト = 空白

クリープひずみが.H3Dファイルに書き込まれます。 23
rate <RATE>

デフォルト = 空白

ひずみ速度が.H3Dファイルに書き込まれます。 24
statistics <STATIS, OSTATIS>

デフォルト = 空白

線形過渡解析での時間経過に伴うひずみの統計は、このオプションで制御します。 27
STATIS
線形過渡解析について、時間ステップごとの通常のひずみが出力されるほか、ひずみの統計が出力されます。
OSTATIS
線形過渡解析についてひずみの統計のみが出力されます。
空白(デフォルト)
THRESH <thresh>

Real

デフォルト = 空白

絶対値のしきい値を指定します。このしきい値を下回る場合、ひずみ結果は出力されません。 28

ひずみ出力から要素を除外するためのしきい値は、2D要素と3D要素の場合はフォンミーゼスひずみに基づき、1D要素の場合は軸ひずみに基づきます。

RTHRESH <rthresh>

0.0 < 実数 < 1.0

デフォルト = 空白

最大フォンミーゼスひずみの比率として相対的なしきい値を指定します。このしきい値を下回る場合(2Dおよび3D)、または最大軸ひずみの場合(1D)、結果は出力されません。例えば、VMSがモデル内の最大フォンミーゼスひずみである場合は、VMS*rthreshを下回る2Dおよび3D要素のひずみ結果は出力から除外されます。
TOP <topn>

整数 > 0

デフォルト = 空白

上位topn個のひずみ値のみが出力されます。

ひずみ出力から要素を除外するためのひずみ値は、2D要素と3D要素の場合はフォンミーゼスひずみに基づき、1D要素の場合は軸ひずみに基づきます。

RTOP <rtop>

0.0 < 実数 < 1.0

デフォルト = 空白

ひずみ値総数の上位の比率(“rtop”)のみが出力されます。例えば、STOTがモデル内のひずみ値総数である場合、上位STOT*rtopの値のみが出力されます。

ひずみ出力から要素を除外するためのひずみ値は、2D要素と3D要素の場合はフォンミーゼスひずみに基づき、1D要素の場合は軸ひずみに基づきます。

NLOUT <NLOUT_ID>

デフォルト値はありません。

NLOUTバルクデータエントリのID。

結果が*_impl.h3dファイルに書き出される際、サブケースエントリNLOUTにより選択されたものに代わって、存在する場合は、増分出力コントロールパラメータがNLOUTバルクデータエントリから取得されます。 21

詳細については、NLOUTバルクデータのコメント3をご参照ください。

SUBSYS <SUBSYS_ID>

デフォルト値はありません。

サブシステムのID。

サブシステム定義と共に使用すると、このオプションは、サブシステムごとに、そのサブシステムのみの結果を含む個別の結果ファイルを作成します。

詳細については、SETバルクデータカードをご参照ください。
option <YES, ALL, NO, NONE, SID, PSID>

デフォルト = ALL

YESALL、空白
結果はすべての要素について出力されます。
NONONE
結果は出力されません。
SID
セットIDを指定した場合、そのセットに含まれる要素の結果のみが出力されます。
PSID
プロパティセットIDを指定した場合、そのプロパティセットで指定されたプロパティを参照する要素の結果のみが出力されます。

コメント

  1. STRAINコマンドを指定しなかった場合、ひずみデータは出力されません。
  2. オプションTENSORまたはALLを使用すると、HyperViewはひずみの結果をひずみテンソルから内部的に求めることができます。DIRECTオプションを使用した場合、直接計算されたひずみ結果が表示されます。
  3. 周波数応答解析では、フォンミーゼス応力と主応力は利用できません。
  4. PCOMPプロパティおよびPCOMPGプロパティを参照する要素に関しては、STRAIN入出力オプションによって制御されるのは均質な複合材料のひずみ結果のみです。プライひずみの結果を得るには、CSTRAIN入出力オプションを使用する必要があります。
  5. form引数が適用されるのは周波数応答解析のみです。他のインスタンスでは無視されます。
  6. formのBOTHおよびCOMPLEXはいずれも.frf出力ファイルには適用されません。
  7. 同じエントリ上で複数フォーマットが許可されます; これらはコンマ区切りでなければなりません。フォーマットが指定されていない場合、この出力コントロールは、結果が入手できるOUTPUTコマンドで定義されているすべてのフォーマットに適用されます。
  8. このカードは複数インスタンスが可能です。インスタンスが競合する場合は、最後のインスタンスが優先されます。

    しかし、SYSSETTING I/Oオプションエントリ(MULTIPLEOUTPUT=YES)を入力ファイルまたはコンフィギュレーションファイルで使用することで、同じ出力要求の複数のフォーマットを要求することができます。詳細については、 SYSSETTING I/OエントリのMULTIPLEOUTPUTをご参照ください。

  9. 最適化については、指定されたフォーマットへの出力の頻度は入出力オプションOUTPUTによってコントロールされます。
  10. 全ひずみに加えて、ひずみに対する機械的な寄与および熱的な寄与も要求できます。
  11. 一般的に、HyperView.op2ファイルからの結果についてSORT2フォーマットを認識しません。結果がSORT2フォーマット(<Result Keyword> (SORT2OUTPUT2、...))のみで出力される際、結果はOptiStructによって.op2ファイルにSORT2フォーマットで書き出されますが、.op2ファイルがHyperViewにインポートされる際は、SORT2フォーマットの結果は認識されません。したがって、SORT1オプションはOUTPUT2フォーマットの結果出力に、SORT2はPUNCHフォーマットの結果出力に推奨されます。
  12. ランダム応答解析の場合、Segalman法に基づくPSDFおよびRMSフォンミーゼスひずみ結果も.h3dファイルに書き込まれます(H3Dフォーマットのみで使用可能)。
  13. 4文字の短縮形STRASTRAINの代わりに用いる事ができます。
  14. format=OUTPUT2を使用して、Nastran output2フォーマット(.op2ファイル)で結果を出力するように要求することもできます。
  15. 現在、GAUSSの結果はH3DファイルとOP2ファイルのみでサポートされています。CORNERの結果はOPTIフォーマットではサポートされていません。HyperViewCORNER/GAUSSひずみの結果を表示するには、Contour panelのUse Corner Resultsチェックボックスをアクティブにします。
    CORNERおよびGAUSSの結果(応力、全ひずみ、塑性ひずみ)は、シェル要素(複合シェルを含む)とソリッド要素の両方でサポートされています。
    静解析 固有値 直接法による周波数応答解析 モーダル法による過渡 / 周波数応答解析 直接法による過渡解析 非線形静解析 非線形過渡解析 応答スペクトル ランダム解析
    コーナー応力 H3D、OP2、PCH H3D、OP2、PCH H3D、OP2、PCH H3D、OP2、PCH H3D、OP2、PCH H3D、OP2**、PCH** H3D、OP2**、PCH** H3D、OP2*、PCH* H3D、OP2、PCH
    コーナーひずみ H3D、OP2、PCH H3D、OP2、PCH H3D H3D、OP2**、PCH** H3D、OP2**、PCH** OP2*
    ガウス応力 H3D、OP2 H3D、OP2** H3D、OP2**
    ガウスひずみ H3D、OP2 H3D、OP2** H3D、OP2**

    *シェル要素に対してのみ。

    NLSTATおよび非線形過渡解析解析のOP2ファイルとPCHファイルには、最終時間ステップの結果のみが含まれます。

  16. Neuber補正されたひずみが、弾性ひずみ解析から得られたフォンミーゼス応力、ヤング率、およびMATS1バルクデータエントリで定義された非線形材料特性に基づいて計算されます。Neuberひずみ結果は要素結果、節点ひずみ、ガウス点ひずみ、コーナーNeuberひずみとして使用できます。塑性ひずみと全ひずみの両方の出力を使用できます。Neuber応力 / ひずみは、静解析、周波数応答解析、過渡解析に対し、H3D出力でサポートされます。
  17. 相当塑性ひずみは、シェルのひずみテンソルのZ成分を考慮します。一方で、ひずみテンソル出力は(塑性ひずみテンソルが用いられていても)ひずみテンソルのZ成分を出力しません。これにより、相当塑性ひずみと塑性ひずみテンソルに基づくフォンミーゼスでは差分が生じることがあります。
  18. HDF5出力は、.h5バイナリ結果ファイルに出力されます。.h5出力フォーマットが要求された場合にサポートされる解析タイプおよび要素の詳細については、.h5ファイル を参照してください。
  19. PSDFとRMSの応力結果は、要素座標系でH3Dファイルに出力されます。
  20. KPI出力には、対応するプロパティに関するひずみの最大値が含まれます。これは線形および非線形静解析のみでサポートされています。応力とひずみは、シェルとソリッドに対してのみサポートされます。KPI出力では、SIDオプションを使用して特定のSETについて出力することもできます。
  21. =<nloutid>は、非線形陰解法サブケースにのみ適用されます。
  22. 初期温度(サブケースの外側で事前定義されている)がサブケースの最初の温度と異なり、結果として生じる熱膨張がゼロ以外の場合、この温度差による熱ひずみがカウントされます。
  23. STRAIN(CREEP,H3D) が指定された場合、要素ベースのクリープひずみが出力されます。クリープひずみエネルギー出力が必要な場合は、ESE(CREEP,H3D)を使用します。
  24. ひずみ速度出力をサポート:
    非線形静解析および非線形過渡解析
    MATSでのパラメータTYPSTRT=0または1に応じて、相当ひずみ速度と相当塑性ひずみ速度ののいずれかが出力されます。
    陽解法動解析
    相当ひずみ速度と相当塑性ひずみ速度の両方が出力されます。
  25. CBAR/CBEAMひずみは機械ひずみのみ利用可能です。MECH/THERオプションは、"要素ひずみ (1D) "で使用できます。
  26. ビーム要素のフォンミーゼスひずみ計算では、横ひずみを考慮します。
  27. ひずみの統計は、直接法線形過渡解析とモーダル線形過渡解析でのみサポートされます。現在サポートされているのは、2Dおよび3D要素のみです。

    ひずみの統計では、H3D出力のみがサポートされています。

    STATISまたはOSTATISが指定されている場合、線形過渡解析では時間の経過に伴う以下の統計が出力されます。
    統計
    サポートされているひずみ結果タイプ
    最小
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    最小の時間
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    最大
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    最大の時間
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    絶対最大
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    絶対最大の時間
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    算術平均
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    2乗平均平方根(RMS)
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    分散
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)
    標準偏差
    フォンミーゼス、P1(最大主)、P2(中間主)、P3(最小主)

    H3Dファイルを読み込むと、HyperViewでのひずみの統計を表示できます。

    Strain Statistics(s)のサブメニューでさまざまな統計を選択できます。

    ひずみの統計出力はノイバーひずみにも対応しています。統計出力において、ノイバーひずみの全ひずみと塑性ひずみの両方について、最大値、最大時間、算術平均、RMS、分散、標準偏差がサポートされています。

  28. しきい値オプション(THRESHRTHRESHTOP、およびRTOP)は、静解析、ノーマルモード解析、周波数応答解析、過渡解析、およびランダム応答解析のH3DOP2、およびPUNCHフォーマットでのみ利用可能です。H3Dの場合、フィルターは各次元の要素(シェル、ソリッド、ビーム、溶接など)に適用されますが、OP2およびPUNCHの場合、フィルターは各要素タイプ(QUAD4、TRIA3、QUAD8など)に適用されます。ノイバーひずみのしきい値オプションもサポートされます。ノイバー応力しきい値は、現在、静的解析、周波数応答解析、および過渡解析において、H3Dでのみサポートされています。