SDISPLACEMENT

入出力オプションまたはサブケース情報エントリ 入出力オプションまたはサブケース情報のセクション内でSDISPLACEMENTコマンドを使用すると、すべてまたは個々のサブケースのモード寄与度変位のフォームとタイプを出力するよう要求できます。

フォーマット

SDISPLACEMENT (sorting,format_list,form,peakoutput, SUBSYS=SUBSYS_ID) = option

定義

引数 オプション 説明
sorting <SORT1, SORT2> この引数が適用されるのは、ノーマルモード、周波数応答および過渡サブケースでのPUNCHフォーマット(.pchファイル)またはOUTPUT2フォーマット(.op2ファイル)の出力のみです。他の場所で使用した場合は無視されます。その際、警告は表示されません。
SORT1
各周波数 / タイムステップの結果をグループ化します。
SORT2
各グリッド / 要素の結果をグループ化します。 7
空白(デフォルト)
過渡解析以外のすべての結果を出力する場合はSORT1、過渡解析の結果を出力する場合はSORT2をそれぞれ使用します。
format <H3DPUNCHOP2PLOT、空白>
H3D
結果はHyper3Dフォーマット(.h3dファイル)で出力されます。
PUNCH
結果をNastran punch結果フォーマット(.pchファイル)で出力します。
OP2
結果はNastran output2フォーマット(.op2ファイル)で出力されます。9
PLOT
バルクデータセクションでPARAM,POSTが定義されている場合、結果をNastran output2フォーマット(.op2ファイル)で出力します。
HDF5
結果は階層ツリーフォーマット、Version 5で出力されます。 10
空白(デフォルト)
利用可能な結果があるアクティブなフォーマットすべてで結果を出力します。
form <REALIMAGPHASE>

デフォルト = REAL

REALIMAG
複素出力の直交フォーマット(実部と虚部)を指定します。
PHASE
複素出力の極フォーマット(振幅と位相)を指定します。位相は度単位で出力されます。
peakout <PEAKOUT>

デフォルト = 空白

が存在する場合、PEAKOUTカードからのフィルターのかかった周波数のみがこの出力に考慮されます。
SUBSYS <SUBSYS_ID>

デフォルト値はありません。

サブシステムのID。

サブシステム定義と共に使用すると、このオプションは、サブシステムごとに、そのサブシステムのみの結果を含む個別の結果ファイルを作成します。

詳細については、SETバルクデータカードをご参照ください。
option <YES, ALL, NO, NONE>

デフォルト = ALL

YESALL、空白
結果を出力します。
NONONE
結果は出力されません。

コメント

  1. SDISPLACEMENTコマンドを指定しなかった場合、モード寄与度変位は出力されません。
  2. SDISPLACEMENTコマンドは、モーダル法による周波数応答解析タイプ、およびモーダル法による過渡解析タイプに対してのみ有効です。
  3. OFREQUENCY入出力オプションおよびOTIME入出力オプションを使用して、出力の量を制御することができます。
  4. 同じエントリ上で複数フォーマットが許可されます; これらはコンマ区切りでなければなりません。フォーマットが指定されていない場合、この出力コントロールは、結果が入手できるOUTPUTコマンドで定義されているすべてのフォーマットに適用されます。
  5. このカードは複数インスタンスが可能です。インスタンスが競合する場合は、最後のインスタンスが優先されます。
  6. 最適化については、指定されたフォーマットへの出力の頻度は入出力オプションOUTPUTによってコントロールされます。
  7. 一般的に、HyperView.op2ファイルからの結果についてSORT2フォーマットを認識しません。結果がSORT2フォーマット(<Result Keyword> (SORT2OUTPUT2、...))のみで出力される際、結果はOptiStructによって.op2ファイルにSORT2フォーマットで書き出されますが、.op2ファイルがHyperViewにインポートされる際は、SORT2フォーマットの結果は認識されません。したがって、SORT1オプションはOUTPUT2フォーマットの結果出力に、SORT2はPUNCHフォーマットの結果出力に推奨されます。
  8. 短縮形SDISPSDISPLACEMENTの代わりに用いる事ができます。
  9. format=OUTPUT2を使用して、Nastran output2フォーマット(.op2ファイル)で結果を出力するように要求することもできます。
  10. HDF5出力は、.h5バイナリ結果ファイルに出力されます。SDISPLACEMENTのHDF5形式の解析結果は、モーダル周波数応答解析およびモーダル過渡応答解析に対応しています。.h5出力フォーマットが要求された場合にサポートされる解析タイプおよび要素の詳細については、.h5ファイルのトピックを参照してください。