RSPINR

バルクデータエントリ 静解析タイプ、モーダル複素固有値解析タイプ、または周波数応答解析タイプにおけるローターダイナミクス解析の実行時のローターとローター減衰パラメータ間の相対スピン速度を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
RSPINR ROTORID GRIDA GRIDB SPDUNIT SPTID
GR ALPHAR1 ALPHAR2 WR3R WR4R WRHR HYBRID

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
RSPINR 130 2400 2401 FREQ 200
0.03 1000 1500 1200 3

定義

フィールド 内容 SI単位の例
ROTORID
setid
ローター識別番号。

デフォルトなし<整数 > 0>

GRIDA ローターラインモデル(ROTORG)または3Dローター軸(ROTOR)上の節点を識別します。

GRIDAGRIDBは、正のロータースピン方向を定義します。GRIDAGRIDBを繋ぐベクトルが正の方向のベクトルです。

1Dローターの場合、ローター軸はROTORGバルクデータエントリを使用して定義され、2つの節点(GRIDAGRIDB)もROTORGバルクデータエントリで指定されます。

3Dローターの場合、ローター軸はROTORバルクデータエントリを使用して定義されます。

デフォルトなし<整数 > 0>

GRIDB ローターラインモデル(ROTORG)または3Dローター軸(ROTOR)上の節点を識別します。

GRIDAGRIDBは、正のロータースピン方向を定義します。GRIDAGRIDBを繋ぐベクトルが正の方向のベクトルです。

1Dローターの場合、ローター軸はROTORGバルクデータエントリを使用して定義され、2つの節点(GRIDAGRIDB)もROTORGバルクデータエントリで指定されます。

3Dローターの場合、ローター軸はROTORバルクデータエントリを使用して定義されます。

デフォルトなし<整数 > 0>

SPDUNIT
RPM
相対スピン速度が毎分の回転数で入力されることを指定します。
FREQ
相対スピン速度が単位時間あたりの回転数(サイクル数)で入力されることを指定します。

デフォルト値はありません。

SPTID
<整数 > 0>
整数値(0より大きい必要がある)を入力した場合、その値は、相対ロータースピン速度を指定するDDVALバルクデータエントリを参照します。 3
<実数>
実数を入力した場合、その値は定数と見なされます。

デフォルトなし<整数 > 0 / 実数>

GR ローター構造減衰係数。 4 6

デフォルト = 0.0 <実数>

ALPHAR1 レイリー減衰のローター質量マトリックスに適用されるスケールファクター。 5 6

デフォルト = 0.0 <実数>

ALPHAR2 レイリー減衰のローター剛性マトリックスに適用されるスケールファクター。 5 6

デフォルト = 0.0 <実数>

WR3R GRフィールドで指定されるローター構造減衰について、ローターの減衰項と回転項を計算するための平均加振周波数。

デフォルト = 0.0 <実数>

WR4R GE(材料、ブッシュなど)エントリで指定されるローター構造減衰について、ローターの減衰項と回転項を計算するための平均加振周波数。

デフォルト = 0.0 <実数>

WRHR HYBRIDエントリで指定されるローター構造ハイブリッド減衰について、ローターの減衰項と回転項を計算するための平均加振周波数。

デフォルト = 0.0 <実数>

HYBRID ハイブリッド減衰。ハイブリッド減衰仕様用のHYBDAMPエントリの識別番号を参照します。各ローター(ROTORID)の周波数依存ハイブリッド減衰値を指定するために使用できます。 6

デフォルト = 0 <整数 ≥ 0>

コメント

  1. RSPINRまたはRSPINTバルクデータエントリは、ローターが1Dローター(ROTORG)または3Dローター(ROTOR)として定義されているかに関わらず、各ローターに対して指定する必要があります。
  2. GRIDAGRIDBは、正のロータースピン方向を定義します。GRIDAGRIDBを繋ぐベクトルが正の方向のベクトルです。1Dローターの場合、ローター軸はROTORGバルクデータエントリを使用して定義され、2つの節点(GRIDAGRIDB)もROTORGバルクデータエントリで指定されます。3Dローターの場合、ローター軸はROTORバルクデータエントリを使用して定義されます。
  3. SPTIDフィールドには整数または実数の数字を入力できます。SPTIDが整数の場合は、相対ロータースピン速度を指定するDDVALバルクデータエントリを参照します。各ローターには同じ数のスピン速度を割り当てる必要があります。相対スピン速度を決定するために、一連のスピン速度を含む表エントリが相互に関係付けられます。各ローターのi番目のエントリは、RPMi/FREQiのローター間の相対スピン速度に対応します。参照ローターのスピン速度は昇順または降順に指定する必要があります。
  4. ローター構造減衰係数( GR MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGhbGaamOuaaaa@335D@ )は、解析タイプに応じて、等価な粘性減衰または構造減衰として組み込むことができます。

    ( C R ) Structural =( GR WR3 ) K R MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaadaqadaqaaiaahoeadaWgaaWcbaGaam OuaaqabaaakiaawIcacaGLPaaadaWgaaWcbaGaam4uaiaadshacaWG YbGaamyDaiaadogacaWG0bGaamyDaiaadkhacaWGHbGaamiBaaqaba GccqGH9aqpdaqadaqaamaalaaabaGaam4raiaadkfaaeaacaWGxbGa amOuaiaaiodaaaaacaGLOaGaayzkaaGaaC4samaaBaaaleaacaWGsb aabeaaaaa@4746@

    または

    ( C R ) Viscous =( 1+iGR ) K R MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaadaqadaqaaiaahoeadaWgaaWcbaGaam OuaaqabaaakiaawIcacaGLPaaadaWgaaWcbaGaamOvaiaadMgacaWG ZbGaam4yaiaad+gacaWG1bGaam4CaaqabaGccqGH9aqpdaqadaqaai aaigdacqGHRaWkcaWGPbGaam4raiaadkfaaiaawIcacaGLPaaacaWH lbWaaSbaaSqaaiaadkfaaeqaaaaa@4475@

    ここで、WR3は、RSPINRエントリ上のフィールドとして、またはPARAM, WR3によって定義されるパラメータです。両方とも指定されている場合は、RSPINR上のWR3が優先されます。GRは、RSPINRバルクデータエントリのフィールドとして定義されます。

    この選択は次の要因に応じて異なります:
    • モーダル周波数応答解析なのか、複素固有値解析なのか
    • 同期解析なのか、非同期解析なのか
    • PARAM, GYROAVGの値
  5. ローターのレイリー減衰値はALPHA1およびALPHA2から計算されます。 α R 1 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVCI8FfYJH8YrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbb a9q8WqFfeaY=biLkVcLq=JHqpepeea0=as0Fb9pgeaYRXxe9vr0=vr 0=vqpWqaaeaabiGaciaacaqabeaadaqaaqaaaOqaaiabeg7aHnaaBa aaleaacaWGsbGaaGymaaqabaaaaa@3949@ および α R 2 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVCI8FfYJH8YrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbb a9q8WqFfeaY=biLkVcLq=JHqpepeea0=as0Fb9pgeaYRXxe9vr0=vr 0=vqpWqaaeaabiGaciaacaqabeaadaqaaqaaaOqaaiabeg7aHnaaBa aaleaacaWGsbGaaGymaaqabaaaaa@3949@ は、レイリー粘性減衰を定義するために、次のように使用します:
    ( C R ) R a y l e i g h = α R 1 M R + α R 2 K R MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaadaqadaqaaiaahoeadaWgaaWcbaGaam OuaaqabaaakiaawIcacaGLPaaadaWgaaWcbaGaamOuaiaadggacaWG 5bGaamiBaiaadwgacaWGPbGaam4zaiaadIgaaeqaaOGaeyypa0Jaeq ySde2aaSbaaSqaaiaadkfacaaIXaaabeaakiaah2eadaWgaaWcbaGa amOuaaqabaGccqGHRaWkcqaHXoqydaWgaaWcbaGaamOuaiaaikdaae qaaOGaaC4samaaBaaaleaacaWGsbaabeaaaaa@4920@

    および

    ( C R C ) R a y l e i g h = α R 1 M R C + α R 2 K R C MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaadaqadaqaaiaahoeadaqhaaWcbaGaam OuaaqaaiaadoeaaaaakiaawIcacaGLPaaadaWgaaWcbaGaamOuaiaa dggacaWG5bGaamiBaiaadwgacaWGPbGaam4zaiaadIgaaeqaaOGaey ypa0JaeqySde2aaSbaaSqaaiaadkfacaaIXaaabeaakiaah2eadaqh aaWcbaGaamOuaaqaaiaadoeaaaGccqGHRaWkcqaHXoqydaWgaaWcba GaamOuaiaaikdaaeqaaOGaaC4samaaDaaaleaacaWGsbaabaGaam4q aaaaaaa@4B7B@

  6. 対応する減衰項および回転項により各タイプのローター減衰をシステム方程式に入力する方法については、ユーザーズガイドローターダイナミクスをご参照ください。
  7. ローター減衰は累積するものなので、複数の減衰効果を割り当てるときには注意が必要です。