RLOAD1

バルクデータエントリ 周波数応答問題で使用できるよう、フォーム: P( f )=A( C( f )+iD( f ) ) e i( θ2πfτ ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGqbWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa GaayzkaaGaeyypa0JaamyqamaabmaabaGaam4qamaabmaabaGaamOz aaGaayjkaiaawMcaaiabgUcaRiaadMgacaWGebWaaeWaaeaacaWGMb aacaGLOaGaayzkaaaacaGLOaGaayzkaaGaamyzamaaCaaaleqabaGa amyAamaabmaabaGaeqiUdeNaeyOeI0IaaGOmaiabec8aWjaadAgacq aHepaDaiaawIcacaGLPaaaaaaaaa@4BFB@ の周波数依存動的荷重を定義します。

RLOAD1(Form 1)は、周波数依存動的荷重入力を実数および虚数の数値フォーマットで利用可能な場合に使用できます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
RLOAD1 SID EXCITEID DELAY DPHASE TC TD TYPE

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
RLOAD1 5 3 1

定義

フィールド 内容 SI単位の例
SID セット識別番号。すべてのRLOAD1およびRLOAD2エントリの中で固有である必要があります。

デフォルトなし(整数 > 0)

EXCITEID Aを定義するDAREASPCDFORCExMOMENTxPLOADxRFORCEACCELACCEL1ACCEL2、またはGRAVエントリセットの識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

DELAY 時間遅延 τ を定義します。0以外の整数の場合は、 τ を定義するDELAYバルクデータエントリの識別番号を表します。これが実数値の場合は、この動的荷重エントリによって加振されるすべての自由度に使用される τ の値を直接定義します。

デフォルト = 0(整数 ≥ 0、または実数)

DPHASE 位相 θ を度単位で定義します。0以外の整数の場合は、 θ を定義するDPHASEバルクデータエントリの識別番号を表します。これが実数値の場合は、この動的荷重エントリによって加振されるすべての自由度に使用される θ の値を直接定義します。

デフォルト = 0(整数 ≥ 0、または実数)

TC
整数 ≥ 0
C ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGdbWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa Gaayzkaaaaaa@34F6@ を指定するTABLED1TABLED2TABLED3TABLED4、またはTABLEGエントリのセット識別番号。
Real
この実数値は、すべての周波数の C ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGdbWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa Gaayzkaaaaaa@34F6@ に使用されます。2
空白

デフォルト = 0TDがゼロ以外の場合)

TD
整数 ≥ 0
D ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGebWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa Gaayzkaaaaaa@34F7@ を指定するTABLED1TABLED2TABLED3TABLED4、またはTABLEGエントリのセット識別番号。
Real
この実数値は、すべての周波数の D ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGebWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa Gaayzkaaaaaa@34F7@ に使用されます。 2
空白

デフォルト = 0TCがゼロ以外の場合)

TYPE 動的加振のタイプを識別します。

デフォルト = 0(コメント4をご参照ください)

コメント

  1. 動的荷重セットは、入出力オプションまたはサブケース情報セクションでコマンドDLOAD = SIDを使用して選択する必要があります。
  2. DELAYDPHASETC、またはTDフィールドのいずれかが空白またはゼロの場合、対応する τ θ C ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGdbWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa Gaayzkaaaaaa@34F6@ 、または D ( f ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0l bbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0R Yxir=Jbba9q8aq0=yq=He9q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaabaqaciGa caGaaeqabaqaaeaadaaakeaacaWGebWaaeWaaeaacaWGMbaacaGLOa Gaayzkaaaaaa@34F7@ はゼロになります。TCまたはTDのいずれかを空白またはゼロにできますが、両方を空白またはゼロにはできません。
  3. RLOAD1荷重は、DLOADエントリ上で指定された場合にのみRLOAD2荷重と合算できます。これは、RLOAD1エントリ上のSIDRLOAD2エントリ上のSIDとは異なっている必要があることを意味します。
  4. TYPEフィールドに対して有効なエントリと、それらによって呼び出される動的加振の説明を以下にリストします。
    タイプ 説明
    0LLOLOALOAD 適用荷重。EXCITEIDDAREAデータを参照します。
    1DDIDISDISP 強制変位。EXCITEIDSPCDデータを参照します。
    2VVEVELVELO 強制速度。EXCITEIDSPCDデータを参照します。
    3AACACCACCE 強制加速度。EXCITEIDSPCDデータを参照します。
  5. EXCITEIDSPCDエントリを参照している場合は、SPCD自由度ごとに単位指定された変位を伴う線形静解析による変位ベクトルによってモード空間が拡張されます。
  6. 全ての静的構造荷重は、EXCITEIDで構造荷重のSIDを参照する事により参照されます。その構造荷重はFORCEFORCE1FORCE2MOMENTMOMENT1MOMENT2PLOADPLOAD1PLOAD2PLOAD4RFORCEACCELACCEL1ACCEL2、およびGRAVです。EXCITEIDLOADLOADADDバルクデータエントリを参照することはできません。
  7. HyperMeshでは、このカードは荷重コレクターとして表されます。