OS-E:0405 椅子のフレームの初期荷重解析

この例題では、ノーマルモード解析での初期荷重の使用を取り上げます。初期荷重解析は、事前の荷重(初期荷重)を受けた構造について実施される構造解析の1つです。

構造の応答は初期状態の影響を受け、この初期状態は、関連する解析に先立って構造に適用されるさまざまな事前荷重の影響を受けます。ここでは、椅子のフレームを使用し、初期荷重の影響あり / なしでのノーマルモード解析の比較検討を行います。
1. FE Model


Model Files

開始前に、この例で使用するファイルを作業ディレクトリにコピーしてください。

モデル概要

この椅子のフレームの例題では、1つ目のサブケースでプリテンションについて解析し、続いてモーダル解析(初期荷重を含む)を行います。
FE Model
要素タイプ
CTETRA
CBEAM
CQUAD
RBE2
線形材料プロパティは:
MAT1
ヤング率
2.1E5 MPa
ポアソン比
0.3
初期密度
7.85E-9 Mg/mm3

結果

図 2では、1つ目のサブケース(pretension)からの変位プロット、および2つ目のサブケース(modal)からの固有モードが示されています。
2. 変位のコンターと固有モードのプロット


3. 6つのモード形状コンター


図 4 は、初期荷重の影響あり / なしでのノーマルモード解析からの振動数の比較を示しています。
4. 振動数の比較