PLOAD1

バルクデータエントリ 軸に沿ったユーザー選択ポイントにおけるCBAR要素やCBEAM要素、またはこれらの要素のSETに適用される集中荷重、一様分布荷重、または線形分散荷重を定義します。

RLOAD1RLOAD2TLOAD1TLOAD2バルクデータエントリの動的荷重のEXCITEIDフィールド(倍率 “A”)の定義に用いる事もできます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
PLOAD1 SID EID/

ELSETID

TYPE SCALE X1 P1 X2 P2
ELSET

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
PLOAD1 25 1065 MY FRPR 0.2 2.5E3 0.8 3.5E3

定義

フィールド 内容 SI単位の例
SID 荷重セットの識別番号。

静的解析タイプにおける荷重セットID(SID)は、サブケース情報セクション内のLOADコマンドによって選択されます。

デフォルトなし(整数 > 0)

EID/ELSETID EID

CBAR要素固有またはCBEAM要素固有の識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

ELSETID

要素のSET固有の識別。この場合は、ELSET継続行を指定する必要があります。
整数
セットのの識別番号を指定。
<文字列>
セットのユーザー定義の文字列ラベルを指定。 8

(整数 > 0または<文字列>)

TYPE 荷重タイプ。
FXFY、またはFZ
基準座標系のx、y、またはz方向の力。
MXMY、またはMZ
基準座標系のx、y、またはz方向のモーメント。
FXEFYE、またはFZE
要素座標系のx、y、またはz方向の力。
MXEMYE、またはMZE
要素座標系のx、y、またはz方向のモーメント。

デフォルト値はありません。

SCALE X1およびX2のスケールファクターを決定します。2 - 5
LE
長さ
FR
部分
LEPR
長さ投影
FRPR
部分投影

デフォルト値はありません。

X1, X2 CBARまたはCBEAM要素軸に沿った終端Aからの距離。

X2X1の場合は、線形に変化する分散荷重が位置X1X2間の要素に適用されます。このとき、バーの単位長さあたりの強度はX1P1X2P2となります。

X2が空白かX1と等しい場合は、値P1の集中荷重が位置X1に適用されます。

X1の場合:デフォルト値はありません。

X2の場合:デフォルト = 空白(実数、0 ≤ X1X2

P1, P2 位置X1X2における荷重係数。

デフォルト = 空白(実数または空白)

コメント

  1. P1=P2X2X1の場合は、単位長さあたりの強度がP1の一様分布荷重が位置X1X2間に適用されます。
  2. SCALE=LE(長さ)の場合、Xiの値は要素軸に沿った実際の距離で、(X1X2の場合)Piは要素の単位長さあたりの荷重強度です。
  3. SCALE= FR(部分)の場合、Xiの値は全長に対する軸に沿った距離の割合で、(X2X1の場合)Piは要素の単位長さあたりの荷重強度です。
  4. SCALE=LEPR(投影長さ)の場合、Xiの値は要素軸に沿った実際の距離で、(X2X1の場合)分散荷重は要素の投影長さによる入力です。
    1. ビーム要素またはバー要素上でのPLOAD1規則


    SCALE=LEの場合、バーに適用される全荷重は、y基本方向にP1X2 - X1)です。

    SCALE=LEPRの場合、バーに適用される全荷重は、y基本方向にP1X2 - X1)cos α MathType@MTEF@5@5@+= feaahqart1ev3aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqySdegaaa@3792@ です。

  5. SCALE=FRPR(部分投影)の場合、Xiの値はバーの長さに対する実際の距離の割合(CBARエントリ)で、(X1X2の場合)分散荷重はバーの投影長さによって指定されます。
  6. PLOAD1エントリで定義されたCBEAM要素上の荷重は、せん断中心の線に沿って適用されます。
  7. PLOAD1エントリのTYPEフィールドで、要素座標系方向(TYPE=FYEなど)オプションが選択された場合、投影(SCALE=FRPRまたはLEPR)オプションは無視され、SCALE=FR(またはLE)オプションと同じ結果になります。
  8. 文字列ベースのラベルは、他のカードにより参照される際などに、セットの視認をより迅速にします。詳細については、Bulk Data Input File内の文字列ラベルベースの入力ファイルをご参照ください。
  9. このカードは、HyperMesh内の圧力荷重として表現されます。