PARAM, HOURGLS

バルクデータエントリ アワグラスタイプを制御します。

重要: 陽解法のみで有効
パラメータ 内容
HGTYP <124> アワグラス制御タイプ。
1
Flanagan-Belytschko粘性形式(ソリッドとシェルの両方で使用可能)。
2MAT1/MATS1のデフォルト)
ソリッドの場合、Puso拡張想定ひずみ剛性形式(8節点のCHEXA要素のみで使用可能)。 2
シェルの場合Flanagan-Belytschko剛性形式(シェルのみで使用可能)。
4MATHEのデフォルト)
Reese拡張想定ひずみ剛性形式(8節点のCHEXA要素のみで使用可能)。
HGFAC
HGTYP=1
<0.05、0.15>
デフォルト = 0.1
HGTYP=2のシェルの場合
<0.0、0.1>
デフォルト = 0.05
HGTYP=2のソリッドの場合
<0.0、1.0>
デフォルト = 1.0
HGTYP=4
<0.0、0.1>
デフォルト = 0.01
アワグラス制御力のスケールファクター。

コメント

  1. HOURGLSバルクデータエントリのうち、PSOLIDPLSOLID、またはPSHELLHGIDフィールドで参照されているものによって、PARAM,HOURGLSで定義した値が上書きされます。
  2. HGTYP=2が、MAT1 / MATS1とともに指定されている場合、入力HGFACは無視され、固定値 HGFAC=1.0が使用されます。