NLDEBUG, NLP2NLC

入出力オプションまたはサブケース情報エントリ このパラメータは、非線形モデルでNLPARMベースのセットアップをNLCTRLベースのセットアップに変換します。

パラメータ 内容
NLP2NLC このパラメータを設定すると、非線形モデルでNLPARMベースのセットアップがNLCTRLベースのセットアップに変換されます。NLPARMエントリ(および、存在する場合はNLADAPTエントリも)が非線形モデルで定義されると、これらは内部的にNLCTRLに変換されます。
  • NLPARMの場合、次のオプションはNLCTRLベースのセットアップに移行されます:NINCDTMAXITERMAXLSLSTOLTTERMMAXAUG
  • NLADAPTの場合、次のオプションはNLCTRLベースのセットアップに移行されます。NCUTSDIRECTNOPCLNSTSLEXTRADTMINDTMAXSTABILIZ

コメント

  1. このパラメータは、グローバルサブケースセクション(すべてのサブケースの上)でのみ指定できます。
  2. このパラメータでは、値を指定する必要はありません。
  3. この変換は、ECHOの後に実行されます。入力デックがECHOコマンドによりエコー出力される場合は、元のNLPARM(およびオプションのNLADAPT)ベースのセットアップがエコー出力されます。