.h5ファイル

モデルと結果のデータが含まれるバイナリファイル。

ファイル生成

.h5ファイルはHDF5フォーマットが選択されたときに作成されます(FORMATおよびOUTPUT)。

サポートされている結果

HDF5フォーマットでサポートされている結果については、OptiStructによる結果出力をご参照ください。

コメント

  1. 線形静解析とノーマルモード解析の場合
    • 要素ベースの結果(.h5フォーマット)でサポートされている要素タイプは以下のとおりです:
      結果 サポートされている要素
      FORCE / ELFORCE CBARCBEAMCONRODCFASTCTRIA3CTRIA6CQUAD4CQUAD8CSHEAR
      STRESS/ELSTRESS CRODCBARCBEAMCONRODCELAS1CELAS2CBUSHCTRIA3CTRIA6CQUAD4CQUAD8CSHEARCTETRACHEXACPENTA
      STRAIN
    • CQUAD4およびCQUAD8要素を使用した上記の結果では、コーナー結果も得られます。
  2. 非線形静解析の場合
    • STRESSSTRAINの結果(.h5フォーマット)でサポートされている要素タイプは以下のとおりです:
      結果 サポートされている要素
      STRESS CRODCELAS1CBARCBEAMCTRIA3CTRIA6CQUAD4CQUAD8CHEXACPENTACTETRA
      STRAIN
    • CQUAD4およびCQUAD8要素では、コーナー結果も得られます。
    • NLOUTエントリがサブケース内で定義されている場合、DISPLACEMENTSTRESS、およびSTRAINの結果も解析時にリアルタイムで得られます。
  3. 線形座屈解析の場合、DISPLACEMENTの結果のみが.h5フォーマットで得られます。
  4. 周波数応答解析の場合:
    • STRESSSTRAINの結果(.h5フォーマット)でサポートされている要素タイプは以下のとおりです:
      結果 サポートされている要素
      ELFORCE CRODCELAS2CBARCBEAMCTRIA3CTRIA6CQUAD4CQUAD8CHEXACPENTA
      STRESS
      STRAIN
    • CTRIA6CQUAD4CQUAD8CPENTACHEXA要素では、コーナー結果も得られます。
  5. CORD3RCORD4Rを除くすべての座標系タイプに関する座標系情報が.h5ファイルで得られます。