DELAY

バルクデータエントリ 動的荷重関数の方程式における時間遅延の項 τ を定義します。DELAYは、RLOAD1RLOAD2TLOAD1、およびTLOAD2エントリと共に使用します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
DELAY SID P1 C1 T1 P2 C2 T2

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
DELAY 3 64 2 5.7 65 2 5.7

定義

フィールド 内容 SI単位の例
SID 識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

P1, P2 節点またはスカラーポイントの識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

C1, C2 成分番号。

デフォルト値はありません(1~6の整数値、またはスカラーポイントの場合は0)。

T1, T2 時間遅延項 τ (指定したポイントと成分)。

デフォルトなし(実数)

コメント

  1. 1つのエントリに対して、1つまたは2つの動的荷重の時間遅延を定義することができます。
  2. SIDは、RLOAD1RLOAD2TLOAD1、またはTLOAD2のエントリでも指定する必要があります。時間遅延の項 τ を使用する方法を定義する公式については、これらのエントリの説明をご参照ください。
  3. DAREAエントリを使用して、P#およびC#における荷重を定義する必要があります。SPCDがこれらの自由度に適用される場合、この条件は不要です。
  4. SYSSETTING I/OオプションエントリのSPSYNTAXCHECK(デフォルト)またはSTRICTに設定されている場合、グリッドと成分のペア(G#/C#)では、グリッド参照がスカラーポイント(SPOINT)のときは成分が0または空白である必要があり、グリッド参照が構造節点(GRID)のときは成分 ≥ 1である必要があります。SPSYNTAXMIXEDを設定した場合、グリッド / 成分のペア(G#/C#)について、成分が0、1、または空白の場合には、グリッド参照はスカラーポイント(SPOINT)または構造節点(GRID)のどちらでも構いません。スカラーポイントはすべて0、構造節点の場合は1と解釈されます。成分が1より大きい場合、グリッド参照は常に構造節点(GRID)である必要があります。
  5. HyperMeshでは、このカードは拘束荷重として表されます。