DAMAGE

入出力オプションまたはサブケース情報エントリ すべてまたは個々の疲労サブケースの疲労損傷結果を出力するよう要求するために使用されます。OSTTS解析の損傷開始出力でもサポートされています。

フォーマット

DAMAGE (format, type, THRESH=thresh, RTHRESH=rthresh, TOP=topn, RTOP=rtop, SUBSYS=SUBSYS_ID) = option

定義

引数 オプション 説明
format <H3DOPTI、空白>
H3D
結果はHyper3Dフォーマット(.h3dファイル)で出力されます。
OPTI
結果をOptiStruct結果フォーマット(.fatファイル)で出力します。
空白(デフォルト)
利用可能な結果があるアクティブなフォーマットすべてで結果を出力します。
type <SUBEVENT>
SUB(デフォルト)
疲労サブケースからの合計損傷のみが出力されます。
EVENT
各FATEVENTからの損傷寄与および疲労サブケースからの合計損傷が出力されます。
THRESH <thresh>

デフォルト = 空白(実数)

絶対値のしきい値を指定します。このしきい値を下回る場合、損傷結果は出力されません。
RTHRESH <rthresh>

デフォルト = 空白(0.0 < 実数 < 1.0)

全損傷の比率として相対的なしきい値を指定します。このしきい値を下回る場合、結果は出力されません。例えば、Dがモデル内の全損傷である場合、D*rthreshを下回る損傷結果は出力から除外されます。
TOP <topn>

デフォルト = 空白(整数 > 0)

上位“topn”個の損傷値のみが出力されます。
RTOP <rtopn>

デフォルト = 空白(0.0 < 実数 < 1.0)

損傷値総数の上位の比率(“rtop”)のみが出力されます。例えば、DTOTがモデル内の損傷値総数である場合、上位DTOT*rtopの値のみが出力されます。
SUBSYS <SUBSYS_ID>

デフォルト値はありません。

サブシステムのID。

サブシステム定義と共に使用すると、このオプションは、サブシステムごとに、そのサブシステムのみの結果を含む個別の結果ファイルを作成します。

詳細については、SETバルクデータカードをご参照ください。
option <YES, ALL, NO, NONE, SID>

デフォルト = ALL

YESALL、空白
結果はすべての要素について出力されます。
NONONE
結果は出力されません。
SID
セットIDを指定した場合、そのセットに含まれる要素の結果のみが出力されます。

コメント

  1. 同じエントリ上で複数フォーマットが許可されます; これらはコンマ区切りでなければなりません。フォーマットが指定されていない場合、この出力コントロールは、結果が入手できるOUTPUTコマンドで定義されているすべてのフォーマットに適用されます。
  2. このカードは複数インスタンスが可能です。インスタンスが競合する場合は、最後のインスタンスが優先されます。
  3. DAMAGEEVENT)が明示的に要求された場合、入力ファイル内で定義されている1つのEVENTに対するDAMAGEはH3Dファイルに出力されませんが、合計損傷は常に出力されます。
  4. OSTTSを使用した損傷開始出力にtype引数を適用することはできません。
  5. DAMAGE入出力オプションエントリを使用した損傷開始出力は、H3Dフォーマットのみでサポートされています。
  6. 損傷開始出力は、要素の中心と積分点で使用できます。H3Dファイルの結果タイプのラベルはDamage(Ductile) (GAUSS)です。