CYAX

バルクデータエントリ 周期対称解析で対称軸上に存在する節点をリストするために使用されます。

フォーマット1

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CYAX GID1 GID2 GID3 GID4 GID5 GID6 GID7 GID8
GID9 GID10 etc.

フォーマット2

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CYAX GID1 GID2 GID3 THRU GID5 GID6 GID7 GID8
GID9 GID10 etc.

例1

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CYAX 101 27 50 51 52 53 54 55
122

例2

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CYAX 102 27 50 THRU 55 122

定義

フィールド 内容 SI単位の例
GIDi 固有の節点識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

コメント

  1. 対称軸上の節点は、CYJOINエントリで定義しないでください。
  2. CYAX上の節点の変位座標系(GRIDエントリのCDフィールド)は直交さ座標系にする必要があります。この座標系のZ軸は、モデルの対称軸と一致する必要があります。
  3. CYAX上の節点は、SPCによって拘束されますが、MPCによっては拘束されません。すべての成分がSPCによって拘束される場合は、節点が内部でCYAXリストから無視されます。
  4. 3つ以上の周期対称セグメント(CYSYMエントリのNSEGフィールドで定義される)が含まれている場合は、CYAX上の節点に適用されるSPCが次のルールを満たしている必要があります:
    • 成分1と2の両方を拘束する必要があります。そうでない場合はどちらも拘束しないようにする必要があります。同じルールが成分4と5にも適用されます。
    • 成分3と6に対する制限はありません。
  5. デフォルトで、対称軸はCYJOINエントリの1つ目の節点ペアによって定義されますが、CYAXエントリでは周期対称解析用の対称軸は定義されません。PARAM, AXCYSYM, YESを追加すれば、CYJOINエントリからの節点を使用する代わりに、CYAXエントリにリストされた節点に従って対称軸を定義することができ、コメント2に記載されたルールも適用されます。