CQPSTN

バルクデータエントリ x-z平面またはx-y平面で平面ひずみ四角形要素を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CQPSTN EID PID G1 G2 G3 G4 G5 G6
G7 G8 THETA

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CQPSTN 111 2 31 74 75 32 51 52
53 85 15.0

定義

フィールド 内容 SI単位の例
EID 固有の要素識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

PID PPLANEエントリの識別番号。

デフォルト = EID(整数 > 0)

G1, G2, G3, G4 結合されている節点の識別番号。

これらのフィールドは必須です。

デフォルト値はありません(整数 > 0、すべて一意)。

G5, G6, G7, G8 結合されている節点の識別番号。

デフォルト = 空白(整数 > 0、または空白)

THETA 材料配向角度(度単位)。

デフォルト = 0.0(実数)

コメント

  1. 要素識別番号は、その他すべての要素識別番号の中で固有である必要があります。
  2. G1G8の節点順序は次のように定義されます。
    1. CQPSTNの定義


  3. 継続行はオプションです。
  4. フィールド3で参照されているPPLANEエントリがMAT3エントリを参照している場合、材料のプロパティと応力は、図 1で示されたxm-zm座標系で必ず与えられます。
  5. x-y平面で定義した平面ひずみ解析がサポートされているため、上記の軸ラベル“z”を“y”に置き換えて扱うことができます。
  6. この要素の節点Giでの集中荷重(例えばFORCEエントリで指定した荷重)は、この要素の厚み方向Tに分布するように定義されています。例えば、要素の厚みが5.0mである節点Giに200N/mの荷重が作用するには、荷重エントリに対して次の値を指定する必要があります。
    ( 200 N / m ) * 5.0 m = 1000 N MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaaeWaaeaaca aIYaGaaGimaiaaicdacaWGobGaai4laiaad2gaaiaawIcacaGLPaaa caGGQaGaaGynaiaac6cacaaIWaGaamyBaiabg2da9iaaigdacaaIWa GaaGimaiaaicdacaWGobaaaa@44B4@

    PPLANEエントリでTが指定されていない場合は、デフォルトの厚み1.0が使用されます。

  7. 平面ひずみ要素は、線形解析、微小変位非線形静解析、および大変位非線形静解析でサポートされています。現在のところ、これらの要素は大変位慣性リリーフ解析ではサポートされていません。