CONVG

バルクデータエントリ 自然対流エントリの自動生成を介して自然対流を定義します。このエントリは、サブケース依存の自然対流もサポートします。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CONVG ID TYPE SID SIDE TEMP_AMB HTC TID_HTEMP TID_HTIME  
+ TID_AMB                

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CONVG 12 ELEM 21 1 20.0 30.0      

定義

フィールド 内容 SI単位の例
ID 固有の識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

 
TYPE 対流面の識別に使用されるエンティティ。
ELEM
対流面は、SIDフィールドで定義された要素IDを介して識別されます。
SURF
対流面は、SIDフィールド上のサーフェス(SURF)IDを介して識別されます。

デフォルト値はありません。

 
SID TYPEフィールドがELEMに設定されている場合、SIDは要素IDを表します。

TYPEフィールドがSURFに設定されている場合、SIDSURF IDを表します。

デフォルトなし(整数 > 0)
 
SIDE TYPEフィールドがELEMに設定されている場合、SIDEは要素側面の識別番号を表します。5 TYPEフィールドがELEMに設定されている場合、要素側面のIDの定義は必須です。

デフォルト = 空白(整数)

 
TEMPAMB 周辺ポイント温度。

デフォルト = 0.0 (実数 > 0.0)

 
HTC 自然対流熱伝達係数。

デフォルト = 0.0(実数)

 
TID_HTEMP TABLEMiまたはTABLEMGiバルクデータエントリを介して定義される温度依存の熱伝達係数。

デフォルト = 空白(整数 > 0)

 
TID_HTIME TABLEMiバルクデータエントリを介して定義される時間依存の熱伝達係数。

デフォルト = 空白(整数 > 0)

 
TID_AMB TABLEMiバルクデータエントリを介して定義される時間依存の周辺ポイント温度。

デフォルト = 空白(整数 > 0)

 

コメント

  1. CONVGバルクデータは、自動的に自然対流セットアップを定義する方法です。CHBDYEPCONVCONVSPCなどの自然対流エントリと対応するGRIDエントリは、内部で自動的に生成されます。PARAM, CONVG, YESは、CONVGから内部で生成されたエントリを含む別の*_CONVG.femファイルを出力するために使用できます。
  2. CONVGバルクデータエントリは、次の解析でサポートされます。
    1. 線形定常熱伝導解析
    2. 線形過渡熱伝導解析
    3. 非線形定常熱伝導解析
    4. 非線形過渡熱伝導解析
    5. ダルシーフローを介した強制対流解析での自然対流の定義。
    CONVバルクデータに加えて、CONVGエントリを定義することはできません。そのため、CAFLUID強制対流と組み合わせたCONVGエントリはサポートされません。
  3. CONVGバルクデータは、対応するCONVGサブケース情報エントリから参照する必要があります。
  4. 複数のCONVGバルクデータエントリを1つのCNVGADDバルクデータエントリで参照できます。
  5. 要素側面識別番号については、CHBDYEバルクデータエントリ上のコメントをご参照ください。