CBAR

バルクデータエントリ 構造モデルの単純ビーム要素(BAR)を定義します。

重要: 陰解法および陽解法で有効

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CBAR EID PID GA GB X1/G0 X2 X3 OFFT
PA PB W1A W2A W3A W1B W2B W3B

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
CBAR 2 39 7 3 13
513

定義

フィールド 内容 SI単位の例
EID 固有の要素識別番号。

デフォルトなし(整数 > 0)

PID PBAR プロパティエントリまたはPBARLプロパティエントリの識別番号または識別文字列。
整数
このプロパティの識別番号を指定します。
<文字列>
このプロパティのユーザー定義の文字列ラベルを指定します。 7

デフォルト = EID(整数 > 0または<文字列>)

GA,GB 結合ポイントの節点識別番号。

デフォルト無し(整数 > 0または<PartName.number>、GAGB)。 6

X1,X2,X3 GAの変位座標系の成分に対して平行なベクトルvの成分、終点Aの成分、終点Aで測定した成分、または基本座標系。これにより、(終端Aから終端Bへのベクトルで)BAR要素の要素座標系の向きを決定します。 4

デフォルトなし(実数)

G0 X1X2X3を指定するための節点識別番号(オプション)。方向ベクトルの方向はGAG0です。

デフォルトなし(整数 > 0または<PartName.number>) 6

OFFT オフセットベクトル指定として解釈される文字列の指定。 5

デフォルト = GGG (文字または空白)

PA, PB バー終端Aおよびバー終端Bのピンフラグ。バーの節点と選択した自由度の結合解除に使用します。自由度は要素の座標系で定義します。このバーで、ピンフラグで解除するPAおよびPB自由度と剛性を関連付ける必要があります。たとえば、PA=4を指定した場合、PBARエントリにJ(ねじり剛性)の値を指定する必要があります。 1

デフォルトなし(整数 0。空白が埋め込まれていない1~6の固有の数字のうち、最大5個)

W1A,W2A,W3AW1B,W2B,W3B ポイントGAGBそれぞれにおける変位座標系内のまたは要素座標系内のオフセットベクトルwaおよびwbの成分。 4

デフォルト = 空白(実数または空白)

1. バー要素座標系(CBAR要素)


2. x-y平面内のモーメントと内力(CBAR要素)


3. x-z平面内のモーメントと内力(CBAR要素)


コメント

  1. ピンフラグやオフセットがない場合は、継続行を省略できます。
  2. G0GAまたはGBで指定することはできません。
  3. X1/G0が正の整数でX2X3が空白の場合、要素の方向付けにはG0が使用されます。それ以外の場合は、X1X2X3が使用されます。
  4. OFFT文字列は、オフセットおよび方向ベクトル成分がどのように計算されるかを指定します。デフォルトでは、オフセットベクトルは節点AとBの両方の全体(局所変位)座標系で指定し、方向ベクトルは節点Aの全体座標系で指定します。以下のコードを使用することにより、オフセットベクトルをオフセット座標系で、また方向ベクトルを基本座標系で指定することができます。有効な文字列とその意味を以下に示します:
    OFFT Orientation Vector 終端Aのオフセット 終端Bのオフセット
    GGG Global Global Global
    BGG 基本 Global Global
    GGO Global Global オフセット
    BGO 基本 Global オフセット
    GOG Global オフセット Global
    BOG 基本 オフセット Global
    GOO Global オフセット オフセット
    BOO 基本 オフセット オフセット
    オフセット座標のx軸の向きはGAからGBで定義されます。オリエンテーションベクトルとオフセット座標系のx-軸は、オフセット座標系のzとy軸の定義に用いられます。オフセット座標系のz-方向を生成するために、節点Aから節点Bに向かうベクトルとオリエンテーションベクトルの外積からベクトルが計算されます。
  5. オフレットベクトルは、剛体要素のように扱われます。オフセットベクトルの長さは、熱荷重に影響されません。
  6. 特定のパート内でサポートされているローカルエントリは、モデル内のCBARエントリの“完全修飾参照”を使用することで参照できます。完全修飾参照(“PartName.number”)は数値参照のフォーマットと類似しています。“PartName”は、参照されるローカルエントリを含むパートの名前です(パート名はモデル内のBEGINバルクデータエントリで定義します)。“number”は、パート“PartName”内で参照されるローカルエントリの識別番号です。完全修飾参照の使用の詳細については、ユーザーズガイドパートとインスタンスをご参照ください。
  7. 文字列のラベルを使用すると、要素カードで参照する場合にプロパティを視覚的に識別しやすくなります。詳細については、Bulk Data Input File内の文字列ラベルベースの入力ファイルをご参照ください。
  8. 以下のASCII .forceファイルでは、SHEAR-1とBENDING-1の値は図 1のPlane-1に、SHEAR-2とBENDING-2の値は図 1のPlane-2に関連付けられています。
    ITER     0     1
            1        1 LOAD:      2 (LOAD) Transverse_Load
       BAR #-END  AXIAL     SHEAR-1     SHEAR-2     TORQUE    BENDING-1   BENDING-2
           1-A  0.000E+00  0.000E+00  -2.5000E+02  0.000E+00  0.000E+00  -2.5000E+04
           1-B  0.000E+00  0.000E+00  -2.5000E+02  0.000E+00  0.000E+00   1.4552E-11
  9. このカードは、HyperMeshではbar2要素として表されます。