BASELIN

バルクデータエントリ 加速度の記録を補正して変位のずれを回避します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
BASELIN ID PARAM1 VALUE1 PARAM2 VALUE2 PARAM2 VALUE2

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
BASELIN 99
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
BASELIN 99 ACCELOAD 20 METHOD VELO TIMESET 11

定義

フィールド 内容 SI単位の例
ID それぞれのBASELINバルクデータエントリには固有のIDが必要です。

(整数 > 0)

PARAMi パラメータの名前。

(文字)

VALUEi パラメータの値。
PARAMi VALUEi(i=1、2、3) SI単位の例
ACCELOAD 1つ以上の加速度記録を含むDLOADまたはTLOAD1のID。

デフォルト: Subcase InformationセクションのDLOADSID(整数 > 0)。

METHOD ベースライン補正方法。
ACCE(デフォルト)
多項式曲線フィッティングに基づいた加速法。
VELO
速度の最小化に基づいた速度法。

(文字)

TIMESET このフィールドは、TYPE=TIMESETを指します。これには、合計期間(ローカルサブケース期間ではなく)を複数の間隔に分けるための時間のポイントが含まれます。

合計時間を複数の間隔に分割する時間のポイントのセット。ベースライン補正の計算はそれぞれの個別時間間隔に対して行われ、フィッティングと補正で使用される多項式の対応する係数がそれぞれ計算されます。

デフォルト無し(整数 > 0)

コメント

  1. BASELINバルクデータエントリは、サブケース情報セクションで選択されます。
  2. このエントリは現在、非線形過渡解析でのみサポートされています。
  3. ベースライン補正は、TLOAD2を通じた加速度荷重には不要です。このような強制加速度は調和的であるためです。したがって、ベースライン補正はTLOAD1を通じて定義された加速度荷重にのみ適用できます。ベースライン補正について、ACCELOADDLOADサブケースエントリを指す場合、これは、複数の荷重(そのうちの1つ以上はTLOAD1エントリ)を含むDLOADバルクデータエントリを指すか、直接TLOAD1エントリを指すことができます。ACCELOADBASELINエントリで指定されていない場合、サブケースのDLOADサブケース情報エントリのSIDはデフォルト値として扱われます。
  4. ベースライン補正について、ACCELOADで指定されたDLOADサブケース情報エントリが、複数の荷重を含むDLOADバルクデータエントリを参照している場合、これらの荷重の1つ以上に、TLOAD1TYPE=ACCE)で指定された加速度荷重が含まれている必要があります。TLOAD2のような他の荷重は補正されません。参照されているDLOADに複数のTLOAD1カードが含まれている場合、これらのカードすべてが補正されます。参照されているDLOADに複数のTLOAD1カードが含まれているが、これらのうち1つのみを補正する必要がある場合は、ACCELOADが直接そのTLOAD1エントリを指す必要があります。
  5. ACCEの方法は2次多項式曲線フィッティングに基づいているため、初期条件に依存しません。VELOの方法は速度の最小化に基づいており、これは初速度に依存します。
  6. TIMESETは、TYPE=TIMESETを指します。これには、全期間を複数の間隔に分けるための時間のポイントが含まれます。この期間は、ローカルサブケース時間ではなく合計時間である必要があります。ベースライン補正は、TIMESETによって分けられた各間隔に対して行われます。ACCEの方法では、間隔の補正は互いに独立しています。VELOの方法では、次の間隔は前の間隔の速度に依存します。
  7. サブケースの継続では、BASELINがサポートされています。VELOの方法では、間隔の代わりにサブケースの継続を使用することをお勧めします。
  8. 加速度荷重も(SPCDTLOAD1を通じて)適用されている同じ自由度の一部またはすべてで初速度が指定されている場合、VELOの方法を使用したベースライン補正では、それらの自由度での初速度は一致している必要があります。それらの初速度が異なっている場合は、複数のTLOAD1バルクデータエントリが使用されます。
  9. 詳細については、非線形過渡解析のベースライン補正をご参照ください。