OS-E:0325 3次元ローターダイナミクスモデル

この例では、OptiStructを用いた3次元ローターダイナミクスモデルの周波数応答解析を取り上げています。



図 1. モデル

モデルファイル

開始前に、この例で使用するファイルを作業ディレクトリにコピーしてください。

モデル概要

OptiStructのローターダイナミクス機能では、現在は、1次元ローターのみがサポートされています。この3次元モデルの周波数応答解析を行うには、以下の2段階プロセスに従います。
  1. 3次元ローターモデルにCMS解析を実行し、スーパーエレメント(DMIG)に縮退します。ファイルrtr3dmodel.femを使用します。PARAM,COUPMASS,YESは、ジャイロマトリックスについて精確なDMIGを得るために使用されます。
  2. スーパーエレメントを使用し、1次元ローターモデルに付加して、モデルファイルrunrtrdyn.femでローターダイナミクス解析を実行します。
FE Model
要素タイプ
CHEXA
CELAS2
RBE2
材料
線形材料
MAT1

結果



図 2. X方向の駆動ポイントFRF