表示、非表示、および選択オブジェクトのみ表示

キーボードショートカットを使用して、モデリングウィンドウでオブジェクトの表示、非表示、および選択オブジェクトのみ表示が可能です。

動作 操作 メモ
選択したオブジェクトを表示/非表示にする
  • Hを押します。
  • モデリングウィンドウまたはモデルブラウザで選択部分を右クリックし、コンテキストメニューから選択対象の非表示を選択します。
次の方法でオブジェクトの表示と非表示を切り替えることもできます。
  • 右クリック(コンテキスト)メニューで表示/非表示のオプションを使用します。
選択オブジェクト(パート、アセンブリ、スケッチ、フェイス、参照エンティティ)のみ表示する
  • Iを押します。
  • モデリングウィンドウまたはモデルブラウザで選択部分を右クリックし、コンテキストメニューから選択オブジェクトのみ表示を選択します。
  • フェイスのみを選択するには、ビューコントロールで、表示/非表示モード を選択し、選択オブジェクトのみ表示 を選択して、目的のフェイスを選択します。
選択したオブジェクトのみの表示にすると、選択したオブジェクトが拡大表示され、他のすべてのオブジェクトが一時的に非表示になる。
すべてのオブジェクトを表示/非表示にする
  • Aキーを押します。
  • モデリングウィンドウまたはモデルブラウザでオブジェクトを右クリックし、コンテキストメニューからすべて表示またはすべて非表示を選択します。
  • ビューコントロールで、表示/非表示モード を選択します。次に、すべて表示 またはすべて非表示 を選択します。