モデルのアクティブ設定

モデルのパートをアクティブまたは非アクティブにすることで、モデルを設定します。アクティブなパートは、質量のサマリ、静的重量計算、最適化などの計算の対象となり、非アクティブなパートはこれらの計算から除外されます。

モデルブラウザのアクティブ設定ツールバーを使用してパートをアクティブまたは非アクティブにすることができます。この操作をモデルのアクティブ設定と言います。設定は、モデルの中でどのパート、アセンブリ、および形状選択がアクティブになっているかを記述します。パートをアクティブまたは非アクティブにした場合や、現在の形状選択を変更した場合は、設定を変更したことになります。

パートを非アクティブにすることは非表示にすることではありません。非表示にしたパートはモデリングウィンドウに表示されなくなります。これらのパートはアクティブな状態を維持しているので、すべての計算で対象となり、モデルブラウザにも残っています。パートを非アクティブにすると、モデルに存在しなくなったように見えます。これらのパートは以降の計算では無視され、モデリングウィンドウやモデルブラウザに表示されなくなります。

  1. F5を押すか、ビュー > パートのアクティブ化を選択して設定ツールバーを開きます。

  2. パートをアクティブまたは非アクティブにするには、そのパートの横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。

設定の保存と復元

設定を保存して設計のバリエーションを容易に管理できるようにすることで、さまざまな設定をすばやく復元して比較できます。

最初にモデルのアクティブ設定を行います。
  • 設定を保存するには、モデルブラウザーの+ボタンをクリックし、アクティブ設定名テキストフィールドに名前を入力して、Enterキーを押します。
  • アクティブ設定を元に戻すには、復元する設定名をドロップダウンリストから選択します。