プリファレンス:Inspire

情報の計算方法と表示方法に関連したマウスコントロールとオプションのプリファレンスを定義します。

Modeling Space

プリファレンス 説明
View projection 2D平面に3Dオブジェクトをどのように表示するかを選択します。
  • Perspective:遠近法を使用して、現実に近い見え方になるようにします。
  • Orthographic:正確な寸法と比率で描画する、スケールを必要とする場合に有効です。
Front view フロントビューとして使用する面を選択します。デフォルト値は-YZです。
Turntable rotation axis ターンテーブル回転の中心軸として使用する軸を選択します。デフォルト値はZです。
Show tooltips on parts 選択すると、モデリングウィンドウでパートにマウスカーソルを合わせるとツールチップが表示されます。

形状

プリファレンス 説明
サーフェス 厚み:サーフェスを作成するときに使用するデフォルトの厚みを定義します。
フィレット Radius:フィレットの作成時に使用するデフォルトの半径を定義します。
Chamfers Distance Angle:面取りを作成するときに使用するデフォルトの距離と角度を定義します。

Distance Distance:面取りを作成するときに使用するデフォルトの距離1と距離2の値を定義します。

パート置換 自動配置:自動配置を行うときに自動配置が有効になっている場合、InspireはCADファイル内のパートの内部変換を読み取り、パートをアセンブリ内に配置します。このオプションがオフの場合は、パートが作成された場所のパートを読み取ります。一般に(0,0,0)です。
Partition Default Offset:領域分割を作成するときに使用するデフォルトのオフセットを定義します。
パート これを選択すると、新しいアセンブリへの移動時にパートの向きを維持します。
Autofind これを選択すると、ツールの入力時に自動的にフィーチャーを検索します。
STL

Export Format:STLファイルのエクスポートフォーマットとしてASCIIまたはBinaryを選択します。

Export subdivision quality:元の形状を維持したまま既存の三角形を分割し、レベルを上げてさらに多くの三角形を作成します。

OBJ

インポートフォーマット:OBJファイルをインポートする際に、PolyNURBSまたはメッシュに変換するかどうかを選択します。

Import from CAD File 最速インポート
  • オフ(デフォルト):CADインポート時にチェックしてから修正(各パートを確認し、必要な場合にのみ修正する)を使用します。
  • 診断なし:最速のCADインポートオプションです。
  • 診断あり:インポートされたモデルに対して診断テストを実行し、パートの問題を確認する機能をオンにします。詳細については、Clean Up CAD on Importをご覧ください。

非表示パートをインポート:Catia V5などの一部のCADフォーマットに存在する非表示パートをインポートする場合にYesを選択します。非表示パートをインポートすると、インポートの速度が遅くなります。

Healing:CADモデルをインポートするときに発生した形状の問題をアプリケーションでどのように修復するかを選択します。
注: 最速インポートオプションの診断なしと診断ありをオンにした場合、Healingは利用できません。
  • Check and heal:各パートを確認し、必要な場合にのみ修正します。
  • Always heal:チェックせずにすべてのパートを修正します。
  • No heal:どのパートも修正しません。

円筒フェイスの分割インポート時にCADシリンダーをトリムするには、このオプションを有効にします。

Save to CAD format 無効なパートを無視する:Parasolid、IGES、STEP、ACIS(.sat、.sab)、STL、VRML、またはEvolve(.pn)のいずれかのファイルでモデルを保存する場合、非アクティブになっているパートも保存するかどうかを、このオプションで指定します。 Inspire Formの.imodファイルとして保存する場合、この設定は無視されます。

パートを現在の位置で保存する:アセンブリを基準とした変換を維持せずにパートを現在の位置で保存する場合に、このチェックボックスをオンにします。これで、CADシステムにデータをインポートする際のモデル構造が簡略化されます。

Parasolidエクスポートバージョン:Inspireでエクスポート先とするParasolidのバージョンを選択します。デフォルトでは、現在、ファイルは28.1にエクスポートされます。

SimSolid:フェイスファセットパラメーター

SimSolidは軽量ファセットを使用してパートのフェイスを表現します。アセンブリ、パート名、階層は保持されます。ほとんどの形状でデフォルトのファセット設定で十分ですが、調整はできます。次のファセットパラメータを使用して、テッセレーションを管理します。

  • 解像度::標準オプション、拡張オプション、詳細オプションは、フェイスファセットパラメーターを自動的に計算します。各パラメーターを手動で入力するには、カスタムを選択します。
  • 弦偏差(mm):実際のパートサーフェスとテッセレーションされたサーフェスとの間の最大距離。
  • 角度偏差(deg):全体のCADモデルと比較して、比較的小さな半径の曲線のテッセレーションに影響を与えます。
PDM(製品情報管理) タイマー(分)フィールドで指定した一定の間隔で更新されたパートをチェックにチェックを入れます。

Recovery

プリファレンス 説明
Recovery File 復元ファイルの作成:停電などの際にアプリケーションが予期せず終了された場合にInspireがモデルの回復を試みるかどうかをこのオプションで選択します。
Recovery Playback Step-by-step recovery on right-click:リカバリファイルのロード時にこのオプションが有効になっていると、クラッシュ前に実行された一連のアクションを右クリックして辿ることができます。ステップバイステッププロセスを実行中は通常いつでも、Inspireの使用を再開することができます。

Mouse Controls

プリファレンス 説明
ズームスピード マウスでズームするときのスピードを変更できます。
Presets このオプションでは、左右のマウスボタンに割り当てられる移動、表示、および回転のコントロールを、他のアプリケーションで使用されるものと同じになるように設定します。

Inspireのプリセットマウスコントロールは編集可能です。プリセット値を復元するには、プリファレンスウインドウの左下隅にあるUse Defaultsをクリックします。

Visualization

プリファレンス 説明
可視化 テセレーション - エッジ逸脱:レンダリング用に使用されるエッジと形状間の許容されるおおよその最大距離です。小さい値はより高いグラフィカルクオリティを得ることができますが、システムのパフォーマンスは遅くなります。

テセレーション - サーフェス逸脱:レンダリング用に使用されるサーフェスと形状間の許容されるおおよその最大距離です。小さい値はより高いグラフィカルクオリティを得ることができますが、システムのパフォーマンスは遅くなります。

フェードアウト効果を有効にする:非表示にしたパートが徐々に消えていくようにするには、このオプションを選択します。大型のアセンブリを扱う際には、パフォーマンスの向上のために、このオプションを選択解除することをお勧めします。

断面をパートの表示色で表示:パートと同じ色で断面を表示する。

荷重ラベル:モデリングウィンドウ内に表示される制約タイプを選択する。
  • 荷重と圧力のみを表示
  • すべて表示
  • すべての値を表示(デフォルト)
ビューキューブ ビューキューブの表示:モデリングウィンドウ内でビューキューブが表示されるタイミングを指定する。
位置:モデリングウィンドウ上でのビューキューブの表示位置を指定する。
  • 左下(デフォルト)
  • 右下
  • 左上
  • 右上

軸矢印の表示:ビューキューブにX、Y、およびZ軸を表示する。

形状:ビューキューブの形状を指定する。
  • 角丸キューブ(デフォルト)
  • シンプルキューブ
ビューキューブ回転体の表示:回転ビューキューブがモデリングウィンドウに表示されるタイミングを指定する。
  • マウスオーバー(デフォルト)
  • 常に
  • チェックしない
ビューキューブのリフレクター表示:ビューキューブのリフレクターがモデリングウィンドウに表示されるタイミングを定義する。
  • マウスオーバー
  • 常に
  • チェックしない(デフォルト)

回転角度:矢印を左クリック/右クリックして回転する度数を定義する。デフォルトでは、左クリックで+15度、右クリックで-15度ずつ増える。

Sketching

プリファレンス 説明
グリッドにスナップ この機能はデフォルトで有効になっており、カーブのスケッチまたはパートの移動時にオブジェクトをグリッドにスナップします。このチェックボックスを非選択にすると、スナップがオフになります。
Snap to visible grid only 表示されているグリッドのみスナップを有効にする際に使用します。
ビューに平行にスケッチ面を作成 パートへのスケッチで、スケッチ面がビューに垂直になるように Inspire Formで自動的にパートが回転するようにするには、このオプションを有効にします。スケッチ面表示にカレントビューを保持したい場合は、このオプションを非選択にします。
Auto apply constraints スケッチ制約は、スケッチカーブを描画する際の特定の制限または制約です。四角形作成時の直角制御のように、いくつかのスケッチエンティティ作成時には、自動的に適用されるスケッチ制御が与えられます。このオプションを非選択にすると、スケッチ時の自動制約機能は無効になります。
分割ツール使用後に自動的に制約を適用 デフォルトでは、スケッチ制約は分割ツールを使用した後に自動的に適用されます。このオプションを非選択にすると、このツールを使用している時の自動制約機能は無効になります。
自動スナップ - 接線角度 ラインや円弧が結合している場合、ラインや円弧がほぼ接していれば接線制約が自動的に適用されます。このオプションを使用してラインや円弧が直線から逸脱できる距離や角度を指定し、その範囲内であれば制約が適用されます。
自動スナップ - 直角 ラインが結合している場合、ラインがほぼ直角であれば直角制約が自動的に適用されます。このオプションを使用してラインが直角から逸脱できる距離と角度を指定し、その範囲内であれば制約が適用されます。
自動スナップ - 水平/垂直角度 ラインセグメントをスケッチする際、ラインセグメントがグリッドにほぼ乗っていれば、水平または垂直制約が自動的に適用されます。このオプションを使用してラインセグメントがグリッドから逸脱できる距離と角度を指定し、その範囲内であれば制約が適用されます。
Grid spacing Inspire Formには、5段階のグリッド間隔が用意されています。特定のグリッドのデフォルトの間隔を変更するには、グリッド間隔テキストボックスに値を入力します。メートルおよびヤードポンド単位系のグリッド間隔は別々に管理されます。(数値と単位系を参照してください。)初期値に戻すをクリックすると、デフォルトの値に戻すことができます。

Mass Calculation

プリファレンス 説明
Mass Calculation モデルブラウザでカラムヘッダーを右クリックし、質量を選択して質量を表示します。全体的なパフォーマンスを向上させるため、CADファイルのインポート時に質量サイズが計算されず、モデルブラウザに**と表示されます。計算ボタンをクリックして質量を表示します。

ツール移動

プリファレンス 説明
自由移動:ツール位置編集時に角度を表示 デフォルトでは、マイクロダイアログには移動ツールの原点のX、Y、Zの座標値のみ表示されます。このプリファレンスが選択されている場合、ツール位置の編集時に角度も表示されます。

緩衝検知

プリファレンス 説明
緩衝チェック Inspire Formによる干渉認識を、すべてのパート間で行うか、パートなしで行うか、または指定したパート間のみで行うかを設定します。

Units

プリファレンス 説明
Model units モーション解析に関する計算に使用する単位系を変更します。すべての構造解析と最適化の実行でMKS単位を使用します。構造解析または最適化をいろいろな単位で実行するには、目的の単位をエクスポートして手動で実行します。
Display units ユーザーインターフェースに使用する単位系を変更します。

数値の書式

プリファレンス 説明
モデリング 書式タイプ:値欄に小数を表示する際の表示形式を選択する。”指数”表記、または”混合”(固定または指数形式のいずれか、最も短いもの)。「指数」記法または「混合」(固定小数点または指数記法のどちらか、最も短い方)。

固定範囲指定:選択した範囲内であれば、固定形式で表示する。それ以外の場合は、指数形式で表す。

精度:値欄に表示される小数点以下の桁数を選択する。

末尾のゼロを削除:値フィールドの小数点以下のゼロを除くすべてのゼロを削除する。

結果 書式タイプ:値欄に小数を表示する際の表示形式を選択する。”指数”表記、または”混合”(固定または指数形式のいずれか、最も短いもの)。「レガシー」(バージョン2022.1以前で使用されていた数値フォーマットを使用)、「指数」表記、または「混合」(固定または指数形式のいずれか、最も短いもの)。

精度:解析エクスプローラの結果スライダーに表示される小数点以下の桁数を選択する。

末尾のゼロを削除:解析エクスプローラの結果スライダーの小数点以下のゼロを1つ除いて削除。