スケッチのコンテキストメニューオプション

スケッチインプリントの作成、制約の削除、軸の調整、スケッチからコンストラクションの形状への変換、グリッド、ポイント、制約、コンストラクションライン、寸法、交差カーブの表示/非表示を行うことができます。

スケッチ編集モードの右クリックで表示されるコンテキストメニューには、スケッチ形状を編集するための以下のオプションがあります。

ヒント: スケッチモードでは、スケッチカーブまたはスケッチ面を右クリックして、スケッチコンテキストメニューを開きます。選択した内容によって、オプションが異なります。
寸法の変更
編集モードに入ることなくスケッチの寸法を変更し、モデルの更新をリアルタイムで確認できるようになりました。
Create Imprint on the Face
フェイスにスケッチすると、スケッチカーブがインプリントされますが、フェイスは全体的に残ります。このオプションを有効にすると、閉じた領域をスケッチする際にフェイスを分割できます。
貼り付け
スケッチ編集などのコンテキストメニューに表示されるペーストオプションには、「ペースト」、「インスタンスペースト」、「参照なしでペースト」の3種類があり、コンストラクション履歴の観点から異なる動作をします。詳細 >>
すべての制約を削除
このオプションを選択すると、モデル内のすべての制約を削除できます。
固定を解除
このオプションを選択すると、モデル内のすべての固定制約を削除できます。
最も近い軸に揃える
ビューを回転させて、最も近い2つの軸にスケッチ面を合わせます。
軸に揃える
スケッチのX軸が画面上で水平に、Y軸が垂直になるようにスケッチの軸を合わせます。水平方向の制約が垂直方向に表示されたり、その逆になったりする場合は、軸に揃えるオプションで修正します。
コンストラクション
スケッチカーブをコンストラクション形状に変換します。これは、他の形状を整列または指定する際に参照として使用します。
無限
スケッチの端点を延長して、無限のコンストラクションラインを作成します。このオプションは、円弧またはカーブでは使用できません。
選択対象を結合
このオプションを選択すると、一致する2つの頂点を統合できます。同一の頂点がマージされていないと、オフセット、フィレット、面取りを適用する際、 Inspire Formが予期せぬ結果をもたらすことがあります。

複数のスケッチエンティティを選択する場合はCtrlキーを押したままにします。このオプションを使用するほとんどのケースでは、 Inspire Formは自動的にスケッチのエンティティをマージします。

選択対象を切り離す
頂点を共有するスケッチエンティティを切り離す(結合解除)ことができるようになりました。
他を選択
ライン上にラインがある、ポイント上にポイントがあるなど、一致するエンティティがある場合、このオプションを選択すると、どのエンティティを選択するかを選択できるメニューが表示されます。
グリッド/ポイント/中心点の表示
グリッド、ポイント、円や円弧の中心点の表示/非表示を切り替えます。
制約を表示
スケッチ編集モードでの制約の表示/非表示に使用します。
構成ラインを表示
スケッチ編集モードでのコンストラクションラインの表示/非表示を切り替えます。コンストラクションラインについてはこちらをご覧ください。>>
作図時の補助表示
ポリラインツールを使用するコンストラクションラインの表示の表示/非表示を切り替えます。このオプションを有効にすると、X座標とY座標の値を指定できます。
寸法を表示
スケッチ編集モードで寸法の表示/非表示に使用します。
寸法で変数名を表示
寸法で変数の名前を表示しない。
スケッチ面の作成時に交差曲線を表示する
このオプションを有効にすると、スケッチ面を作成する際に自動的に交差曲線が表示されます。