スケッチ制約

接線、垂直などの形状面の関係をスケッチカーブに適用します。

形状を作成すると、多数のスケッチ制約が自動的に適用されます。たとえば、ほぼ水平なラインを引くと、そのラインに対して自動的に水平制約が作成され、正確な水平ラインになります。制約があることによって、スケッチを変更しても、意図したスケッチエンティティ間の関係をそのまま維持できます。

スケッチ制約の適用または削除

スケッチ制約を形状に適用して、スケッチエンティティ間の想定関係が損なわれないようにするか、スケッチ制約を削除して自由形式のオブジェクトをより自由に作成できるようにします。

スケッチモードでは、スケッチカーブを右クリックし、コンテキストメニューの上部にあるアイコンをオンまたはオフにして、スケッチ制約を適用または削除します。
拘束 説明
固定

スケッチカーブの位置をロックします。

ラインが固定されていても、端点を移動して長さを変更できます。ラインの端点は独立したエンティティなので、別々に固定できます。

注: すべての固定制約を削除するには、制約を右クリックして固定を解除を選択します。
水平

ラインは水平方向に制約されます。

また、この制約を利用してポイントを揃えることもできます。

垂直

ラインは垂直方向に制約されます。

また、この制約を利用してポイントを揃えることもできます。

中点

ポイントは、カーブの中点に制約されます。
同じ場所に配置

ポイントは、他のスケッチエンティティと一致するように制約されます。
同一線上に配置

ラインは同じ直線に沿うように制約されます。
平行

ラインは平行方向に制約されます。
垂直

ラインは垂直方向に制約されます。
接線

ラインは円弧に接するように制約されます。また、円弧は別の円弧に接するように制約されます。
同心円

円弧や円は、同じ中心を持つように制約されます。
等しい

ラインは同じ長さに制約されます。

円弧と円は同じ半径に制約されます。

オフセット

スケッチカーブは、他のスケッチカーブからオフセットされます。
注: この制約は、スケッチ制約のコンテキストメニューからは適用できません。
面対称

2つのカーブは、構成ラインを中心に対称に制約されます。(ミラーカーブなど)。
他を選択 これは制約ではありません。

オーバーラップしているスケッチエンティティを選択する際にこのオプションを選択すると、どのスケッチエンティティを選択するかを指定できます。

ヒント:
  • すべての制約を非表示にするには、ファイル > プリファレンスのスケッチで制約の表示を解除します。
  • 水平方向の制約が垂直に表示されたり、その逆の場合は、コンテキストメニューの軸を調整するオプションを使って、X軸が水平、Y軸が垂直になるようにスケッチの軸を揃えます。
  • コンテキストメニューのすべての制約を削除を選択すると、モデル内のすべてのスケッチからすべての制約を削除できます。
  • コンテキストメニューから固定を解除を選択すると、モデル内の固定制約をすべて削除できます。