コンストラクション履歴

モデルのコンストラクション履歴を表示、編集できます。

モデル内の形状を作成、修正、移動、削除したり、モデリングブラウザでパートをグループ化したりすると、 Inspire Formは、そのアクションはモデルのコンストラクション履歴に記録されます。

履歴ブラウザ

履歴ブラウザを使うと、モデルを追加することなく、モデルの設計のバリエーションを検討できます。

既存のフィーチャーを編集してパラメータを変更したり、モデルを初期の段階にロールバックして新しいフィーチャーを挿入し、その変更が完成したモデルにどのような影響を与えるかをロールフォワードできます。

履歴ブラウザでは、編集可能なエンティティを構造フィーチャー(CF)と呼びます。

履歴ブラウザを開くには、F6キーを押すか、ビュー > コンストラクション履歴を選択します

構造フィーチャーは、上から下に向かって順に表示されます。



ロールバックとロールフォワード

モデルのコンストラクション履歴の早い段階で、新しい構造フィーチャーを追加します。

  1. 履歴ブラウザで、青いエンドマーカーを新しい構造フィーチャーを追加するポイントに移動させます。

  2. スケッチリボンまたは形状リボンにあるツールの1つを使用して、形状を追加変更します。これにより、新しい構造フィーチャーが追加されます。
  3. 青いエンドマーカーを履歴ブラウザの一番下に移動させます。

    注: また、エンドマーカーを使うことで、モデルのコンストラクション履歴をステップバイステップで進めることができます。

    上の例では、ブーリアンサブストラクト構造フィーチャーの前に、円筒の上部に面取りを加えています。 Inspire Formは、追加された面取りを考慮して、後続のプッシュ/プル構造フィーチャーを自動的に再計算します。最終モデルでは、円筒形のカット部分の上部が円錐形になっています。



注:
  • 構造フィーチャーの横にある警告アイコン は、Inspireがその構造フィーチャーを部分的にしか計算していないことを示しています。
  • 構造フィーチャーの横にあるエラーアイコン は、計算に失敗したことを示します。

理想的には、モデルに計算の失敗や警告がないことです。

コンテキストメニューオプション

履歴ブラウザの右クリックで表示されるコンテキストメニューには、コンストラクション履歴を編集するための以下のオプションがあります。



図 1. 履歴ブラウザのコンテキストメニュー
注: 右クリックしてコンテキストメニューを開きます。一部のオプションは、すべての構造フィーチャーで使用できるわけではありません。
グループ
グループ化することで、連続した構造フィーチャーをフォルダに可視化して整理することができ、名前の変更や折りたたみ、展開が可能です。グループ解除には、グループを右クリックしてグループ解除を選択します。
エンドマーカーをここに移動
このオプションは、エンドマーカー(青色の線)を選択した構造フィーチャーに移動させます。それ以降の構造フィーチャーは、履歴ブラウザではグレー表示になり、モデリングウィンドウには表示されません。また、エンドマーカーを選択して、コンストラクション履歴の任意のポイントにドラッグすることもできます。


注: ツールが開いていると、エンドマーカーが赤くなり、移動できません。エンドマーカーを移動するには、ツールを終了します。エンドマーカーが青色に変わり、移動できるようになります。
参照の解除
参照の解除は、参照されている面を参照していない面に変換します。(参照面の構造フィーチャーでのみ使用できます。)詳細については、How Do I Move a Sketch Entity?をご覧ください。
スケッチ面の変更
このオプションでは、既存のスケッチのスケッチ面を変更できます。(スケッチ構造フィーチャーのみで使用できます。)
詳細については、How Do I Move a Sketch Entity?をご覧ください。
注: 新しいアセンブリを作成したり、アセンブリ間でパートを移動したりすると、履歴に新しい構造フィーチャーが作成されます。新しいアセンブリと再構築の構造フィーチャーは名前を変更できますが、削除やその他の編集はできません。

削除と履歴なし削除の違い

構造フィーチャーの削除と履歴なしの削除の違いについて説明します。

モデリングブラウザとモデリングウィンドウでは、一部のエンティティのコンテキストメニューに削除と履歴なしで削除というオプションがあります。

  • 削除は、モデルからパートを削除し、モデルのコンストラクション履歴に削除を記録します。

  • 履歴なしで削除では、モデルのコンストラクション履歴にイベントを記録せずに、モデルからパートを削除します。

履歴なしで削除は、依存関係のないパートやアセンブリに対してのみ有効です。

履歴なしで削除を使用した後にエンティティを復元するには、元に戻すしかありません。(元に戻すには、編集 > 元に戻すを選択するか、キーボードでCtrl+Zキーを押します)。

注: 履歴ブラウザの削除オプションは、モデリングウィンドウやパートおよびアセンブリのモデリングウィンドウの削除オプションとは異なる動作をします。

履歴ブラウザで構造フィーチャーを削除すると、モデルのコンストラクション履歴からその構造フィーチャーが削除されます。その後、履歴ブラウザで構造フィーチャーの削除を削除すると、削除したエンティティがモデリングブラウザとモデリングウィンドウで復元されます。

パートの削除構造フィーチャーの履歴の削除オプションを選択すると、効果は、モデリングブラウザの履歴なしで削除オプションを使用してエンティティを削除した場合と同じです。

レガシーファイルとコンストラクション履歴

Inspireバージョン2021以前に作成されたレガシーの.stmodファイルには、コンストラクション履歴がありません。

Inspire stmodレガシーファイルを開くと、履歴ブラウザにStmodImportという名前の構造フィーチャーが表示され、CADのインポートと同じように動作します。この構造フィーチャーは、ロールバック、ロールフォワード、抑制、削除が可能で、モデルはすべての境界条件と結果を保持します。

コンストラクション履歴を搭載していないInspireの以前のバージョンでは、モデリングブラウザに分離したスケッチエンティティがありませんでした。スケッチはパートのサーフェスにあるとして扱われ、ダブルクリックを2回するとスケッチ編集モードになり、編集できます。バージョン2021でコンストラクション履歴が導入されたことで、この動作が変わりました。スケッチエンティティは、モデリングブラウザに個別に表示され、履歴ブラウザを使って編集できるようになりました。

PolyNURBSを含むstmodレガシーファイルをインポートすると、履歴ブラウザにStmodImportという名前の構造フィーチャーが表示され、その後にPolyNURBSという名前の構造フィーチャーが表示されます。Inspire 2021.1では、1つの構造フィーチャーに対して1つのPolyNURBSパートのみが作成できるので、複数のPolyNURBSパートがリストアップされる場合があります。たとえば、stmodレガシーファイルに3つのPolyNURBSパートが含まれている場合、タイムラインには次のような構造フィーチャーが表示されます。

  • StmodImport 1
  • PolyNURBS 1
  • PolyNURBS 2
  • PolyNURBS 3
注: インポートされたstmodファイル内で、通常の形状とPolyNURBSパートの間にフィレットやブーリアン演算があった場合、モデルはフィレットやブーリアン演算がそのままの状態でインポートされますが、元のパートはオフに設定されてしまいます。フィレットやブーリアンをやり直す場合は、パートのアクティブ化ツールバー(F5)を開き、元のパートを再起動してから操作をやり直す必要があります。