スケール

モデルのパートのサイズを変更します。異なる単位系で作成してインポートしたモデルで作業するときに効果的です。

  1. 形状リボンで、スケールツールを選択します。

    注: ツールはドロップダウンメニュー内で非表示となる場合があります。ドロップダウンメニューにアクセスするには、次のいずれかの操作を実行できます。
    • 現在表示されているツールの右下にあるを選択します。
    • 現在表示されているツールをクリックしたままにします。
  2. スケールするパートを選択します。
  3. マイクロダイアログにスケール係数を入力します。
    たとえば、ファクターに1.5を指定した場合、元のサイズの150%のパートが生成されます。
  4. 適用 をクリックします。

パラメータへの変数の適用

パラメータに変数を適用したり、ツールのマイクロダイアログから新規の変数を作成したりすることができます。

さまざまなスケッチツールや形状ツールでマイクロダイアログを用いて既存の変数を適用したり、新規の変数を追加することができます。

  1. ツールのマイクロダイアログで、f(x)アイコンをクリックします。


    図 1. 可変フィールドがあるマイクロダイアログの例
  2. ドロップダウンメニューで、変数の追加を選択してテキストフィールドの寸法に基づいて新規の変数を作成するか、既存の変数の名前を選択します。
  3. 適用をクリックして、その変数を構造フィーチャーに適用します。
  4. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。
ヒント:
  • また、マイクロダイアログのテキストフィールドに新しい名前と式を入力して、変数を作成することもできます。たとえば、Variable1=50
  • さらにVariable2=Variable1*0.5など、既存の変数をもとに新しい変数を作成することもできます。

キーボードショートカットとマウスコントロール

動作 操作
選択からの追加 / 削除 Ctrl
スケーリング中心としてフェイス上の点を選択 Shift
ツールの終了 チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。