参照面の作成

参照面は、スケッチ、スライス、ミラーの各ツールで、ジオメトリの作成や修正、断面カットの作成に使用できます。

  1. 形状リボンで、参照面ツールを選択します。

  2. ガイドバーで、ドロップダウンメニューから面の作成方法を選択します。

    選択されたオプションに基づく面のプレビューは、モデリングウィンドウ内でカーソルを動かすと表示されます。

  3. ガイドバーの下にあるワークフローのヘルプテキストの指示に従って、面を定義します。
    モデリングウィンドウで選択する内容は、前のステップで選択した面の作成方法によって異なります。
    制約の適用法 選択のポイント
    3点 面をプレビューするために3つのポイントを選択ます。
    オフセット 面を選択してオフセット値を入力します。
    中立面 2つの面選択して比率を入力します。
    エッジに垂直 エッジを選択して比率を入力します。
    指定角度位置 面と面上の軸を選択します。
    ポイントからエッジに垂直 エッジとポイントを選択します。
    円筒接線 円筒フェイスとポイントを選択します。
    スクリーンに平行 ポイントを選択します。
    非参照 平面または平面フェイスを選択します。
    注: 参照面の法線の向きを反転させるには、ガイドバーの法線の反転ボタン( または )をクリックします。

    オフセット面の位置の向きを反転させるには、オフセット方向の反転 ボタンをクリックします。

  4. オプション: オフセットまたは指定角度位置を選択した場合は、マイクロダイアログで プレーン数を入力します。 1以外の値を入力した場合、変数を定義できません。
    警告: 作成完了後にこの値を変更することはできませんので、適切なプレーン数を確認してください。各面に対して構成フィーチャーが作成されます。
  5. ガイドバーまたはマイクロダイアログで適用 をクリックします。

    面はモデリングウィンドウで作成され、モデリングブラウザの参照ディレクトリにも表示されます。

  6. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。
    ヒント:
    • 参照面をダブルクリックして、編集を行います。頂点位置やエッジを選択し、ツール移動でドラッグして参照面のサイズを変更します。参照面を編集するための他のオプションは、面の作成方法によって異なります。
    • 参照面は、そのマイクロダイアログの アイコンをクリックするか、履歴ブラウザの面の名前を右クリックして、コンテキストメニューの参照の解除を選択することで、参照されていない面に変換することができます。面の参照が解除されると、その面は参照されていない面となり、モデルの形状に再参照されることはありません。参照されていない面は、マイクロダイアログのツール移動オプションで再配置することができます。

ビデオ:参照面

3点

オフセット

中立面

エッジに垂直

指定角度位置

ポイントからエッジに垂直

円筒接線

スクリーンに平行

非参照