領域分割

オフセット配置する穴、ポケット、またはフェイスを選択することにより、ソリッドパートを設計領域と非設計領域に分割する。

  1. 形状リボンで、領域分割ツールを選択します。

    注: ツールはドロップダウンメニュー内で非表示となる場合があります。ドロップダウンメニューにアクセスするには、次のいずれかの操作を実行できます。
    • 現在表示されているツールの右下にあるを選択します。
    • 現在表示されているツールをクリックしたままにします。
    穴とポケットは自動的に選択され、赤色で表示されます。
  2. 領域分割するフェイスを選択します。
    選択されたフェイスが赤色で表示されます。
  3. 選択した(赤色の)フィーチャーをクリックして領域分割を実行するか、マイクロダイアログの適用 を選択します。
  4. マイクロダイアログを使用して、デフォルトのオフセット値を編集します。編集モードでは、複数の領域分割のオフセットを編集できます。
    • オフセットの方向を変更するには、向きを反転 ボタンを使用します。
    • 板厚を変更してEnterを押します。入力した板厚が無効の場合は、そのテキストボックスが赤色でハイライト表示されます。
  5. 右クリックでツールを抜けます。
注:
  • 領域分割を設計領域に適用する場合、非設計領域は自動的に作成されます。
  • ソリッドで板厚として0を入力すると、サーフェスが新しいパートに作成されます。サーフェスでは、板厚ゼロを入力すると、これらのサーフェスが新規パートに配置されます。
  • プリファレンスでデフォルトのオフセット値を編集できます。
  • 領域分割できるのは、ソリッドのみです(サーフェスではなく)。

パラメータへの変数の適用

パラメータに変数を適用したり、ツールのマイクロダイアログから新規の変数を作成したりすることができます。

さまざまなスケッチツールや形状ツールでマイクロダイアログを用いて既存の変数を適用したり、新規の変数を追加することができます。

  1. ツールのマイクロダイアログで、f(x)アイコンをクリックします。


    図 1. 可変フィールドがあるマイクロダイアログの例
  2. ドロップダウンメニューで、変数の追加を選択してテキストフィールドの寸法に基づいて新規の変数を作成するか、既存の変数の名前を選択します。
  3. 適用をクリックして、その変数を構造フィーチャーに適用します。
  4. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。
ヒント:
  • また、マイクロダイアログのテキストフィールドに新しい名前と式を入力して、変数を作成することもできます。たとえば、Variable1=50
  • さらにVariable2=Variable1*0.5など、既存の変数をもとに新しい変数を作成することもできます。

キーボードショートカットとマウスコントロール

動作 操作
フィーチャーを選択する クリック
フィーチャーの非選択 Ctrl+クリック
選択の追加 Ctrl+クリック
領域分割の実行 選択されたフィーチャー(赤で表示)をクリックしてプレビュー、編集再度クリックして領域分割を実行
領域分割を受け入れて終了する 編集モードで右クリック
領域分割の削除 Delete または Shift+クリック
ツールの終了 チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。