マルチスイープ

パスに沿って複数のプロファイルをスイープし、ソリッドまたはサーフェスを作成します。新規パートを作成したり、スイープた形状を既存のパートと結合、減算、交差させたりすることができます。

  1. 形状 リボンで、マルチスイープツールを選択します。

    注: ツールはドロップダウンメニュー内で非表示となる場合があります。ドロップダウンメニューにアクセスするには、次のいずれかの操作を実行できます。
    • 現在表示されているツールの右下にあるを選択します。
    • 現在表示されているツールをクリックしたままにします。
    ガイドパネルが表示されます。


  2. 作成するエンティティタイプを選択します。
    • 実線:スイープしてソリッドを作成。
    • サーフェス:スイープしてフェイスを作成する。
  3. デフォルトでは、プロファイルの場合、選択モードが自動的にオンになります。
    1. フェイスまたは閉じたスケッチを選択します。
    2. (オプション):エッジをクリックすると、プロファイルに接続されているエッジも選択されるように、を選択します。
    注: 選択解除するには、Ctrlキーを押しながらクリックします。選択したフィーチャーをすべてクリアするには、マイクロダイアログで選択解除をクリックします。
  4. パスの選択:
    1. 選択ボタンをクリックします。
    2. スケッチ、カーブ、またはエッジを選択します。プロファイルがある平面は、パスと交差する必要がある。パスがプロファイルを超えている場合、スイープは両方向に発生する可能性があります。
      注: 選択解除するには、Ctrlキーを押しながらクリックします。
    3. (オプション):エッジをクリックすると、パスに接続されているエッジも選択されるように、を選択します。
  5. プロファイルの向きを選択します。
    • 直角(デフォルト)スイープ形状をパスに垂直に配置する。
    • 平行:スイープ形状をパスと平行に配置する。
  6. スイープのタイプの選択:
    • プロファイルで調整:プロファイルのパラメータ化が不均等な場合は、プロファイル間のサーフェスのアイソパラムを均等な間隔で配置してストレッチの程度が少ない形状にする。
    • パスの円弧長さ: パスのパラメータ化が不均等な場合は、パス方向のアイソパラムを均等な間隔で配置してストレッチの程度が少ない形状にする。
  7. 結果タイプを選択します。
    • 結合/マージ:スイープした形状を既存パートと結合またはマージする。
    • (ソリッドのみ使用可能)。既存のパートからスイープ形状を切り出す。
    • 共有部分(ソリッドのみ使用可能)。スイープした形状と既存パートの交差部分のみを保持する。
    • 新規パート:スイープした形状から新規パートを作成する。
  8. 結合対象を選択します。
    • すべてのパート(デフォルト):スイープ形状に接するすべてのパートをスイープ形状に結合する。
    • パート:ラジオボタンを選択すると、選択したパートとスイープ形状が結合されます。次に、スイープした形状を結合するパートを選択します。
  9. プロフィールを編集します。
    1. プロファイル上の頂点を選択します。頂点は青色で小さな矢印で表示されます。

    2. 次を実行できます:
    動作 操作 メモ
    サーフェスエッジをプロファイルまたはガイドカーブに使用した場合、制約を編集してスイープ形状を微調整 マイクロダイアログで、制約タイプを選択します:
    • なし:スイープを拘束しない。
    • サーフェス:スイープ形状は、サーフェスエッジの接線を形成する。
    • :選択したプロファイルの制約の値を変更する。

    プロファイルの接線の方向を反転するには、接線の反転を選択します。

    プロファイルの接線の大きさを変更する マイクロダイアログで、を入力します。  
    プロファイルの向きを反転する 反転 プロファイルの矢印の向きは、その方向を示しています。ほとんどの場合、各プロファイルの最適な方向は、出来上がったサーフェスがねじれないように内部で計算されます。プロファイルの向きを逆にすると、スイープが失敗する場合があります。
    回転タイプを変更する 回転タイプを選択します:
    • なし:選択したプロファイルにねじりを加えない
    • 角度ねじり角度を決めることで、選択したプロファイルにねじりを加える。
    • Number of Turns: No. of Turnsを定義することで、スイーププロファイルにねじりを加える。
    Reverse Twist Direction を選択し、時計回りから反時計回りへ、またはその逆へ、ねじる方向を反転させる。
    選択されたプロファイルまたはエッジが周期的な曲線である場合に、形状を絞り込みます。 プロファイルまたはエッジに沿ってドラッグします。  
  10. 適用をクリックします。
  11. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。