らせん曲線

らせん(上面半径と底面半径が異なる場合はスパイラル)を作成する。

らせんをスパイラルにするには、"半径比をロック"をオフにして上下の直径が異なるようにする。
  1. 形状リボンで、らせん曲線ツールを選択します。

    注: ツールはドロップダウンメニュー内で非表示となる場合があります。ドロップダウンメニューにアクセスするには、次のいずれかの操作を実行できます。
    • 現在表示されているツールの右下にあるを選択します。
    • 現在表示されているツールをクリックしたままにします。
    ガイドパネルが表示されます。


  2. 円形スケッチプロファイルを選択します。
  3. らせんタイプを選択します。高さ、ピッチ、回転の変更はタイプに依存することに注意してください。
    • 回転と高さ (デフォルト):ピッチを一定に保ちながら、回転数と高さを変更する。
    • 回転とピッチ: 高さを一定に保ちながら、回転数とピッチを変更する。
    • 高さとピッチ: 回転数を一定にしたまま、高さとピッチを変更する。
  4. パラメータを変更します。
    動作 操作 メモ
    高さの変更
    1. ガイドパネルのタイプで、高さとピッチまたは回転と高さを選択します。
    2. 高さを入力する。
     
    ピッチの変更
    1. ガイドパネルのタイプで、高さとピッチまたは回転とピッチ」を選択します。
    2. ピッチを入力します。


    図 1. ピッチ. ピッチは各回転間の高さです。回転数に反比例します。ピッチが大きいほど、回転数は少なくなります。
    回転数を変更する
    1. ガイドパネルのタイプで、回転と高さまたは回転とピッチを選択します。
    2. No. of Turnsに回転数を入力します。
     
    スパイラルの作成 上部と下部の直径を変えることで、らせんをスパイラルにすることができます。
    1. ガイドパネルで、半径比をロックをオフにします。
    2. 上面直径を入力します。
     
    らせんの方向を変更(時計回りまたは反時計回り)
    1. ガイドパネルのタイプで、回転と高さまたは回転とピッチを選択します。
    2. No. of Turnsの横の 向きを反転を選択します。
     
    最初の回転のスタート位置を入力する ガイドパネルで、スタート角度を入力します。  
    らせんの移動 移動ツールを使い、まず編集モードを終了し、らせんが選択されていることを確認します。移動ツールを使用する場合、中心は軸の原点ではなく境界ボックスの中心に対応します。  
  5. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。