フィレット

エッジに沿ってフィレットや面取りを作成します。

フィレット - エッジ

エッジを丸め、半径が一定または変化するフィレットを作成する。

  1. 形状リボンで、フィレット - エッジツールを選択します。

    ガイドパネルが表示されます。


  2. 半径タイプを選択します。
    • 一定:すべてのエッジに同じ半径のフィレットを作成する。
    • 可変:エッジに沿った選択ポイントに異なる半径のフィレットを作成する。
  3. 連続性のタイプを選択します。
    • 接線:エッジに沿って接線(G1)連続性を強制する。
    • 曲率:エッジに沿って曲率(G2)の連続性を強制する。
  4. エッジセットを作成および変更します。
    動作 操作
    エッジセットを追加する
    1. +ボタンをクリックし、エッジを選択します。
      ヒント: マイクロダイアログで周囲のフレットへの拡張を選択すると、エッジをクリックすれば、その接線エッジもすべて選択されるようになります。

      フェイスの境界エッジをすべて選択するには、そのフェイスをクリックします。

    2. 各エッジセットの半径を調整することができます。
    すべてのエッジセットが1つのフィレット作成フィーチャーの一部となります。
    現在のエッジセットを削除する エッジセットの下で、 をクリックします。
  5. 修正ポイントを作成します(可変半径のみ)。
    動作 操作
    半径が変化するポイントを追加する エッジに沿ってクリックします。
    選択したポイントを削除する
    • ポイントの下にある をクリックします。
    • または、モデリングウィンドウで半径のハンドルを選択し、削除を押します。
    エッジに沿ったポイントの位置を変更する 0から1の値を入力します。0と1はエッジの端点に対応し、0.5はチェーンの中点に対応します。また、半径のハンドルを選択し、エッジに沿ってドラッグすることもできます。
  6. 適用をクリックします。
    フィーチャーは自動的に保持され、切欠はシート上に保持されます。
  7. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。
ヒント:
  • デフォルトでは、エッジ上をクリックことで、そのエッジの接線エッジがすべて選択されます。この動作を無効にするには、マイクロダイアログ周囲のフィレットへの拡張 を選択解除します。
  • 無効なエッジ選択によってフィレット半径のテキストボックスが赤でハイライトされた場合は、 Ctrl+ Zを押して元に戻すか、Ctrlを押してながらエッジをクリックしてエッジを選択解除します。以前の有効な選択内容が再表示されます。
  • プリファレンスでデフォルトのフィレット半径を変更します。

面取り - エッジ

斜面形状のエッジを作成する。

  1. 形状リボンで、面取り - エッジツールを選択します。

  2. 面取りするエッジを選択します。
    • エッジを選択するには、そのエッジをクリックします。
    • 複数のエッジを選択するには、それらをボックスで囲んで選択するか、Ctrlを押しながら各エッジをクリックします。
    • フェイスの境界エッジをすべて選択するには、そのフェイスをクリックします。
  3. 次のオプションから選択します。
    • 距離, 角度: 水平方向の距離と角度を入力します。
    • 距離, 距離: 水平方向と垂直方向の距離をそれぞれ入力します。

    無効な値を入力した場合、そのテキストボックスは赤でハイライトされます。

    注: 入力した値は、選択したすべてのフィーチャーに自動的に適用されます。
  4. マイクロダイアログの適用 を選択します。
    フィーチャーは自動的に保持され、切欠はシート上に保持されます。
ヒント:
  • デフォルトでは、エッジ上をクリックことで、そのエッジの接線エッジがすべて選択されます。この動作を無効にするには、マイクロダイアログ周囲のフィレットへの拡張 を選択解除します。
  • マイクロダイアログ をクリックすることで、距離と角度が測定される側面を反転します。
  • 無効なエッジ選択によって距離 / 角度のテキストボックスが赤でハイライトされた場合は、 Ctrl+ Zを押して元に戻すか、Ctrlを押してながらエッジをクリックしてエッジを選択解除します。以前の有効な選択内容が再表示されます。
  • 数値入力欄で面取りのデフォルトの距離および角度を変更します。

パラメータへの変数の適用

パラメータに変数を適用したり、ツールのマイクロダイアログから新規の変数を作成したりすることができます。

さまざまなスケッチツールや形状ツールでマイクロダイアログを用いて既存の変数を適用したり、新規の変数を追加することができます。

  1. ツールのマイクロダイアログで、f(x)アイコンをクリックします。


    図 1. 可変フィールドがあるマイクロダイアログの例
  2. ドロップダウンメニューで、変数の追加を選択してテキストフィールドの寸法に基づいて新規の変数を作成するか、既存の変数の名前を選択します。
  3. 適用をクリックして、その変数を構造フィーチャーに適用します。
  4. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。
ヒント:
  • また、マイクロダイアログのテキストフィールドに新しい名前と式を入力して、変数を作成することもできます。たとえば、Variable1=50
  • さらにVariable2=Variable1*0.5など、既存の変数をもとに新しい変数を作成することもできます。

キーボードショートカットとマウスコントロール

動作 操作
フィーチャーの選択 クリック
フィーチャーの選択を追加 / 削除 Ctrl+クリック
選択したフィーチャーの削除 Delete+クリック
選択したフィレット / 面取りフェイスの削除 Delete
ツールの終了 チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。