ドラフト

1つのパートまたは複数のフェイスにドラフトを追加する。

オブジェクトの側面が抜き方向(オブジェクトから金型を抜き取る方向)と平行にならないようにします。正しくは、金型が変形または破損することなく、オブジェクトから容易に抜き取れるように、わずかに角度をつける必要があります。このわずかな角度をドラフトと呼びます。金型が深ければ深いほど、ドラフトは必要です。
  1. まず、参照面を作成します。モデル内の既存の面を中立面として指定する場合は、このステップをスキップします。
  2. 形状リボンで、ドラフトツールを選択します。

    注: ツールはドロップダウンメニュー内で非表示となる場合があります。ドロップダウンメニューにアクセスするには、次のいずれかの操作を実行できます。
    • 現在表示されているツールの右下にあるを選択します。
    • 現在表示されているツールをクリックしたままにします。
    ガイドパネルが表示されます。


  3. 方向を選択します。
    • 一方向(デフォルト):中立面の片側にドラフトを作成する。
    • 両方向:中立面の両側にドラフトを作成する。
    • 対称:中立面を挟んで左右対称にドラフトを作成する。
  4. ドラフトするフェイスを1つ以上選択します。
    1. ドラフトをつけるフェイスの横の選択ボタンをクリックします。
    2. 1つまたは複数のフェイスを選択します。
    注: フィーチャーを選択解除するには、Ctrlキーを押しながらクリックします。選択したフィーチャーをすべてクリアするには、マイクロダイアログで選択解除をクリックします。
  5. 中立面を指定します。
    1. 中立面の横の選択ボタンをクリックします。
    2. ステップ1で参照面を作成した場合は、それを選択します。参照面を作成しない場合は、モデル内の既存のフェイスを選択します。
    型抜き方向を示す青い矢印が表示されます。
  6. ガイドパネルで、ドラフト角度を調整します。
    注: 選択したフェイスのドラフト方向を反転するには、マイクロダイアログでドラフト方向の反転 をクリックします。
  7. 適用をクリックします。
  8. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。