上側パッドと絞りビードを使用したシングルアクション絞りシミュレーション

自動のツールとポジショニングを使用して設定され、追加されたツールを使用してカスタマイズされたシングルアクション絞り成形プロセスを実行する方法について説明します。

モデルを開く

  1. ファイルメニューから開くを選択します。
  2. ファイルを開くダイアログで、インストールディレクトリのtutorialsフォルダーに移動し、s_rail.x_tを開きます。標準的なパス:Program Files\Altair\2023.1\InspireForm2023.1\tutorials\s_rail.x_t
    以下のようなモデルが表示されます:

ブランクと材料の定義

  1. インクリメンタルタブ上でブランクアイコンをクリックします。
  2. マイクロダイアログで、ブランクタイプとしてシングルブランクをクリックします。
  3. モデル上でブランクを選択します。
    注: ダイセット内のブランクを簡単に確認するために、ダイの表示を妨げているパートを非表示にできます。パートを非表示にするには、右クリックしてから選択項目を非表示を選択します。ブランクを定義したら、パートの非表示を解除します。
    ブランクが選択を示す赤色に変化します。
  4. ブランクの選択を確定するには、モデル上で再度ブランクを選択するか、マイクロダイアログで割り当てをクリックします。
    選択が確定されると、凡例で示すように、ブランクサーフェスが薄灰色で表示されます。凡例では、モデル上の濃灰色は解析設定用に定義されていないサーフェスを示していることにも注意してください。
  5. ブランクを割り当てたら、表示されたマイクロダイアログで材料ボタンをクリックして材料ライブラリにアクセスします。
  6. 材料JAC440Wを入力します。
  7. 割り当てをクリックし、閉じるをクリックします。
  8. 材料厚みに関しては、デフォルト値を維持します。

シングルアクション絞りプロセスのセットアップ

  1. インクリメンタルタブで、オペレーションの追加 アイコンを選択します。
  2. オペレーションの追加ウィンドウで、シングルアクションを選択します。
    シングルアクションオペレーションアイコンがインクリメンタルタブに表示されます。
  3. モデル内のツールセットを自動的に設定するには、上記で追加したシングルアクションオペレーションで、 をクリックします。
  4. ガイドバーで、ツール構築オプションがデフォルトで選択されています。確定するには、自動設定をクリックします。
    ツール構築オプションを使用すると、そのオペレーションに必要なツール(上側ダイ、下側ダイ、下側バインダーなど)が自動的に特定されます。また、このオプションでは、ツールセットが自動的に設定されます。
    注: ツールを自動配置するための追加オプションがプリファレンス > インクリメンタル > 設定に表示され、デフォルトで選択されています。
    図 1. シングルアクション絞り用のモデル設定
  5. インクリメンタルの成形アクションをプレビューするには、シングルアクションアイコンで、ツールモーションのプレビュー をクリックします。
    モデルの成形オペレーションのアニメーションが生成されます。

シングルアクション絞りプロセスへのツールの追加

  1. インクリメンタルタブで、追加したばかりのシングルアクションオペレーションを選択します。
  2. 表示されたデフォルトツールの横にあるツールの追加ボタンをクリックします。
  3. 表示されたツールの追加ダイアログで、上側パッドツールと絞りビードツールを選択します。
    ツールがオペレーションに追加され、設定できるようになります。デフォルトツールセットが変更されたことを示すユーザーシンボル が表示されます。

上側パッドの設定

  1. リボンで、シングルアクション絞りオペレーションに追加した上側パッドを選択します。
  2. ガイドバーの付随ツールの横で、サーフェス > 領域分割の順に選択します。
  3. モデル上で、上側パッドとして指定するサーフェスを選択します。
  4. ガイドバーで、作成をクリックします。
  5. マイクロダイアログの初期荷重と最終荷重に対して、5tfと入力します。
  6. ガイドバーで、付随ツールをクリックします。
    事前に選択された上側ダイがハイライトされます。
  7. ガイドバーで、割り当てをクリックします。
    上側ダイがシングルアクション絞りオペレーション用に設定されます。

絞りビードの設定

  1. シングルアクション絞りオペレーションに追加した絞りビードを選択します。
  2. ガイドバーの付随ツールをクリックします。
  3. モデル上で、絞りビードを取り付けるツールとして、一番下のバインダーを選択します。


  4. 割り当てをクリックして確定します。
  5. 絞りビードをクリックします。
  6. 絞りビードを作成したいラインを選択します。




  7. 確定をクリックして確定します。

成形オペレーションでのダイの配置

位置編集用の矢印 を使用すれば、オープン状態とクローズド状態のダイセットをプレビューすることができます。ダイセットの位置は、自動的にまたは手動で定義できます。
  1. リボンで、解析に追加したシングルアクション絞りオペレーションの上にカーソルを移動します。


  2. ツール位置の編集 矢印をクリックします。
  3. ガイドバーの最初の欄で、ツール状態オープンを選択します。
    オープン状態のツール位置が表示されます。ツール位置を調整した場合、対応する状態の最後の位置が保存されます。
  4. 2つ目の欄で、自動を選択します。
  5. 3つ目の欄で、位置をクリックします。
    ソフトウェアが自動的にツールセットをオープン位置に配置します。

シミュレーションを実行する

  1. インクリメンタルタブの実行ツールで、解析の実行 をクリックします。
  2. 解析の実行ダイアログで、名前を入力して、実行をクリックします。
    注: デフォルトでは、実行名はモデル名で、プリファレンスで指定された実行履歴ディレクトリに保存されます。
    実行状況ダイアログにシミュレーションの進捗が表示されます。解析が完了すると、緑色のチェックマークが表示されます。

解析結果の表示

解析エクスプローラを使用すれば、レビューする結果を選択することができます。各結果タイプのアニメーションが含まれています。デフォルトでは、板厚減少の解析結果が成形後パートに表示されます。



  1. モデリングウィンドウの下部に配置されたスライダーを調節することにより、成形結果のアニメーションを表示します。
    • モデル上で板厚減少の程度が最も大きい領域を確認するには、スライダーをクリックして移動します。

    • 結果のアニメーションを表示するには、再生ボタンをクリックします。

    • アニメーション設定を調整するには、編集ボタンをクリックします。

      Animations Settingsダイアログで、再生と表示のオプションを選択します。アニメーションスピードについては、スピードを上げる場合はスライドを右に、スピードを下げる場合はスライドを左に動かして調整します。

  2. その他の結果を表示するには、解析エクスプローラで、実行、オペレーション、および結果タイプを選択します。