シングルアクション絞りシミュレーション

ダイとブランク形状から標準のシングルアクション絞りオペレーションを設定する方法について説明します。

モデルを開く

  1. ファイルメニューから開くを選択します。
  2. ファイルを開くダイアログで、インストールディレクトリのtutorialsフォルダーに移動し、pan.x_tを開きます。標準的なパス:Program Files\Altair\2023.1\InspireForm2023.1\tutorials\pan.x_t
    以下のようなモデルが表示されます:

ブランクと材料の定義

  1. インクリメンタルタブ上でブランクアイコンをクリックします。
  2. マイクロダイアログで、ブランクタイプとしてシングルブランクをクリックします。
  3. モデル上でブランクを選択します。
    ブランクが選択を示す赤色に変化します。
  4. ブランクの選択を確定するには、モデル上で再度ブランクを選択するか、マイクロダイアログで割り当てをクリックします。
    選択が確定されると、凡例で示すように、ブランクサーフェスが薄灰色で表示されます。凡例では、濃灰色は解析設定用に定義されていないサーフェスを示していることにも注意してください。
  5. ブランクを割り当てたら、マイクロダイアログで材料の厚みを入力して、ブランクの材料を選択します。
    1. さらに材料を編集するか、別の材料を選択するには、材料ボタンをクリックして、材料ライブラリにアクセスします。

シングルアクション絞りプロセスのセットアップ

  1. インクリメンタルタブで、オペレーションの追加 アイコンを選択します。
  2. オペレーションの追加ウィンドウで、シングルアクションを選択します。
    シングルアクションオペレーションアイコンがインクリメンタルタブに表示されます。
  3. をクリックして、モデル内のツールセットを自動的に設定します。
  4. ガイドバーで、ツール構築オプションはデフォルトで選択されていません。このオプションを選択し、自動設定をクリックします。
    ツール構築オプションを使用すると、そのオペレーションに必要なツール(上側ダイ、下側ダイ、下側バインダーなど)が自動的に特定されます。また、このオプションでは、ツールセットが自動的に設定されます。
    注: ツールを自動配置するための追加オプションがプリファレンス > インクリメンタル > 設定に表示され、デフォルトで選択されています。
  5. インクリメンタルの成形アクションをプレビューするには、シングルアクションアイコンで、ツールモーションのプレビュー をクリックします。
    モデルの成形オペレーションのアニメーションが生成されます。

インクリメンタルシミュレーションの実行

  1. インクリメンタルタブの実行ツールで、解析の実行 をクリックします。
  2. 解析の実行ダイアログで、名前を入力して、実行をクリックします。
    注: デフォルトでは、実行名はモデル名で、プリファレンスで指定された実行履歴ディレクトリに保存されます。
    実行状況ダイアログにシミュレーションの進捗が表示されます。解析が完了すると、緑色のチェックマークが表示されます。

解析結果の表示

解析エクスプローラを使用すれば、レビューする結果を選択することができます。各結果タイプのアニメーションが含まれています。デフォルトでは、板厚減少の解析結果が成形後パートに表示されます。



モデリングウィンドウの下部に配置されたスライダーを調節することにより、成形結果のアニメーションを表示します。
  • モデル上で板厚減少の程度が最も大きい領域を確認するには、スライダーをクリックして移動します。

  • 結果のアニメーションを表示するには、再生ボタンをクリックします。

  • アニメーション設定を調整するには、編集ボタンをクリックします。

    Animations Settingsダイアログで、再生と表示のオプションを選択します。アニメーションスピードについては、スピードを上げる場合はスライドを右に、スピードを下げる場合はスライドを左に動かして調整します。