カムフランジシミュレーション

カムツールとフランジツールを使用したカスタム成形プロセスを設定してシミュレートする方法について説明します。

CADデータのインポート

  1. ファイルメニューからインポートを選択します。
  2. ファイルインポートダイアログで、インストールディレクトリのtutorialsフォルダーに移動し、CAM_simple_model_crash.staを開きます。標準的なパス:Program Files\Altair\2023.1\InspireForm2023.1\tutorials\CAM_simple_model_crash.sta
  3. ファイルメニューからインポートを選択します。
  4. ファイルインポートダイアログで、<installation_directory>\InspireForm2023.1\tutorials\cam_die.x_tファイルを指定します。
    以下のようなモデルが表示されます:

カスタムオペレーションの設定

  1. インクリメンタルタブで、オペレーションの追加 アイコンを選択します。
  2. 表示されたオペレーションの追加ダイアログで、カスタムを選択します。
    カスタム成形オペレーションがインクリメンタルリボンに追加されます。カスタムオペレーションはユーザー定義であるため、ユーザーシンボル がアイコン上に表示されます。
  3. カスタムオペレーションをクリックします。
    デフォルトツールが表示されます。カスタムオペレーションについては、下側ダイのみが含まれます。
  4. デフォルトツールの横にあるツールの追加ボタンをクリックします。
  5. 表示されたツールの追加ダイアログで、上側ダイツール、カムダイツール、およびカムパッドツールを選択します。
    ツールがオペレーションに追加され、設定できるようになります。


ブランクと材料の定義

  1. インクリメンタルタブ上でブランクアイコンをクリックします。
  2. マイクロダイアログで、ブランクタイプとしてシングルブランクをクリックします。
  3. モデル上でブランクを選択します。
    ブランクが選択を示す赤色に変化します。
  4. ブランクの選択を確定するには、モデル上で再度ブランクを選択するか、マイクロダイアログで割り当てをクリックします。
  5. ブランクを割り当てたら、表示されたマイクロダイアログで材料の厚みを入力して、ブランクの材料を選択します。
    1. さらに材料を編集するか、別の材料を選択するには、材料ボタンをクリックして、材料ライブラリにアクセスします。

下側ダイの設定

  1. 解析に追加したカスタムオペレーションを選択します。
  2. カスタムオペレーションのツールセットから、下側ダイを選択します。


  3. ガイドバーで、パートを選択します。
  4. モデル上で、下側ダイとして指定するパートを選択します。


  5. クリックして、下側ダイの設定を確定します。

上側ダイの設定

  1. 解析に追加したカスタムオペレーションを選択します。
  2. 表示されたツールセットから、上側ダイを選択します。
  3. ガイドバーで、サーフェスを選択します。
  4. モデル上で、上側ダイのサーフェスを選択します。
  5. ガイドバーで、このサーフェスについて、オフセットを選択します。
  6. マイクロダイアログで、オフセットをデフォルト値1.1836mmのままにします。デフォルトは、シートの厚み+20%です。
  7. クリックしてオフセットを確定します。

カムダイの設定

  1. リボンで、クラッシュフォームオペレーションに追加したカムダイを選択します。
  2. ガイドバーで、サーフェスを選択します。
  3. モデル上で、カムダイとして指定するサーフェスを選択します。
  4. クリックして確定します。
  5. マイクロダイアログで、-/+ボタンをクリックしてオフセット方向を反転します。
  6. オフセット距離については、クリックしてデフォルト値(シート厚+20%)を受け入れます。
  7. マイクロダイアログで、カムダイの方向としてグローバルXを選択します。
    以下のようなカムダイが表示されます:

カムパッドの設定

  1. リボンで、クラッシュフォームオペレーションに追加したカムパッドを選択します。
  2. ガイドバーで、サーフェスを選択します。
  3. モデル上で、カムパッドとして指定するサーフェスを選択します。
  4. マイクロダイアログで、オフセットをデフォルト値のままにします。デフォルトは、シートの厚み+20%です。
  5. クリックしてオフセット距離を確定します。
  6. マイクロダイアログで、荷重を適用するオプションをクリックします。初期荷重と最終荷重は、デフォルト値のままにします。
  7. クリックして、カムパッドの設定を確定します。


カスタムシミュレーションの実行

  1. インクリメンタルタブの実行ツールで、解析の実行 をクリックします。
  2. 解析の実行ダイアログで、名前を入力して、実行をクリックします。
    注: デフォルトでは、実行名はモデル名で、プリファレンスで指定された実行履歴ディレクトリに保存されます。
    実行状況ダイアログにシミュレーションの進捗が表示されます。解析が完了すると、緑色のチェックマークが表示されます。

解析結果の表示

解析エクスプローラを使用すれば、レビューする結果を選択することができます。各結果タイプのアニメーションが含まれています。デフォルトでは、板厚減少の解析結果が成形後パートに表示されます。以下の結果は、変位の結果を示しています。



  1. モデルの下にあるスライダーを使用して、モデルの成形を確認できます。
    • 結果スライダーを調整して、モデルのどの領域に最も板厚減少が発生しているかを確認します。
    • 結果をアニメーションするには、 再生ボタンをクリックします。最初のステップまたは最後のステップにジャンプするには、それぞれ、左矢印ボタン、右矢印ボタンをクリックします。
    • アニメーションの再生、表示、またはスピードに関する設定を調整するには、スライダーで、 をクリックします。
  2. その他の結果を表示するには、解析エクスプローラで、実行、オペレーション、および結果タイプを選択します。